『誰も知らない プロ野球「審判」というお仕事』 篠宮愼一 著 祥伝社

16年間プロ野球の審判を務めた篠宮愼一さんのエッセイ。

誰も知らない プロ野球「審判」というお仕事

篠宮 愼一 / 祥伝社


篠宮さんは、元々、プロ野球選手を目指していた一人でした。しかし、自分の実力が遠く及ばないことを知り、郵便局に就職します。そんなとき、先輩から審判の試験があることを聞き、もう一度大好きな野球に関われるならと受験。見事、狭き門を突破し、晴れて審判として、プロ野球のグラウンドに立つこととなったのです。

審判の醍醐味は、間近で一流選手のプレイを体感し、一緒にゲームを作っていくこと。
ピッチャーの持ち味を巧みに引き出す古田敦也のリード。
審判ごとにストライクゾーンを調整するイチローのバッティング。
ネチネチネチネチ昔のことを持ち出す野村克也監督の抗議(笑)。
彼にとって、これらの思い出は、すべて宝物です。

しかし、審判は、決してラクな仕事ではありません。
遠征手当や用具は支給されるものの、薄給でボーナスはなく、一年契約なので生活は不安定。
一度、試合が始まれば、ほとんど立ちっぱなし。体力作りやトレーニングが欠かせません。また、どんなケースにも即座に対応して判定しなければならないので、気が抜けません。

また、審判は、正確に判定できて当たり前。
勝つために選手は、平気でウソをつき、デッドボールの演技をします(笑)。始終雑談を持ちかけて、ジャッジを撹乱しようとするキャッチャーも(^^;
常に、これらに乱されることのない、冷静さと公平さが求められます。

そして、判定ミスには、容赦なく選手や監督の抗議と、観客からの罵声が飛んできます。そのため、胃潰瘍を患う審判も多いとか。
遠征も多いので、離婚率も高いそうです(^^;
しかし、それでも審判を続けていけるのは、皆、野球を愛しているから。

何より印象的なのは、篠宮さんの、審判としての誇りと、野球への愛。

初めて一軍の審判を務める喜びと緊張感。憧れの甲子園球場のグラウンドに、初めて足を踏み入れるときの感動。無事試合が終わり「ゲームセット」と叫ぶ瞬間の充実感。

時には情熱的に。子供のように無邪気に。読んでいて、私も一緒になって泣いたり笑ったりしました。
引退した今も、施設の子供達を中心に結成された野球チームの監督をされているそうです。

今度、テレビで野球中継を目にするときは、審判にも注目しようと思います(^-^)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/10242519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2009-09-19 20:26 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)