第41回 東京モーターショー 2009@幕張メッセ

仕事の関係で、東京モーターショーに行ってきました。
d0108969_1025898.jpg

不況で高級車が売れず、ハイブリッド車を始めとするエコカーブームの真っ只中。そんな日本はメリットが無いと踏んだ外資系メーカーが、ほとんど出展していなかったこともあり、とても寂しいイベントに・・・・・と言っても、今回初めて足を運んだ私には、よくわからない・・・・・いや、初めての私でも、「仮にも日本の基幹産業のイベントなのに、こじんまりしてるなぁ」と思うくらい(^^;

某ブースでは、いつも一緒にお仕事をさせていただいている取引先の方が、説明員として立っていたのでご挨拶。その方曰く
「いつもなら、四輪と二輪でブースが分かれているのに、今年は部品関係までいっしょくただしねー。来場者が少ないから、行列もほとんどできないし。やっぱり例年に比べて小さいよね」
とのこと。

でも、人混みが苦手なワタクシ的には、見やすくて良かったです。

とにかく、燃費や価格重視の昨今。どのメーカーも、「エコ」を全面的に押し出す展示に。そんなわけで

「ちっちゃい車が多いな~」

という印象。

それから、車のキーで通信できたり、カーナビで情報を管理したり、みたいな「未来の生活」をプレゼンしているメーカーがいくつかあったけど

「ぶっちゃけ今でも携帯でできるんでは・・・・・?」

とか思ったり(爆)。

でも、モーターショーならではの、普段は見られない面白い展示も。

こちらは、ヤマハのバイクのクレイモデル。
d0108969_1055842.jpg

メタリックな製品ばかりの中、質感が違うものがあったので、目立って見えました。
今は、コンピューターでシミュレーションすることも多くなってきているでしょうが、やっぱり実際の模型を作ったほうが、良いと思います。

そして、トヨタ レクサスのクリスタル?モデル。
d0108969_1061664.jpg

実際、車道を走るわけではないと思いますが(^^;人寄せパンダ的に、仕切られた暗いスペースで展示されていました。

こちらは、ホンダの「U3-X」。
d0108969_10124177.jpg

ASIMOの技術で作られた一輪車。わずかな体重移動だけで速度や進行方向をコントロールできるみたいです。実演はしてましたけど、試乗もさせて欲しい!
ASIMOはプレゼンテーションでも大活躍で、プレゼンが終わった後も、ソデに引っ込むまで、お客さんに手を振り続けていました。

こちらは、タカラトミーのプラレール。日本の各種メーカーのチョロQを展示&走行させていました。
d0108969_1010721.jpg

先週水曜日で終了し、入場者数が前回から半減してしまったようですが、今は、皆の自動車に対する価値観が大きく変わり、転換期なのかも。
次回は、どうなっているんでしょうね~。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/10427615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2009-11-07 10:16 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)