『オンエア 上・下』 柳美里 著 講談社

同じニュース番組を担当する3人の女子アナの物語。
柳美里初体験でございました。

オンエア 上

柳 美里 / 講談社


オンエア 下

柳 美里 / 講談社


プロデューサーと不倫してサブキャスターの座を射止めた藤崎あゆみ。
密かに野球選手と付き合っているスポーツキャスターの水沢千広。
大学時代から付き合っている彼氏がいるお天気キャスターの望月結香。

3人それぞれのミもフタもない濡れ場から始まるので、
「藤崎あゆみは、×××で××××した人」
みたいに、露骨なイメージがそれぞれに焼きついてしまう(^^;

女性の憧れの職業に就いて、華々しく活躍している一方、どこか虚しさを抱える3人。

ストレスフルな仕事だけど、自分達の仕事は形に残らない。女子アナは「30歳定年」と言われ、やがて若い後輩に仕事を奪われ、使い捨てられてしまう。テレビを通して何百万人がアナウンサーを見ていても、誰もアナウンサーを見ているわけではない・・・・・。

育児休暇中に乳児を残して飛び降り自殺したアラフォーの女子アナのニュースが、3人に暗い影を落とす。

ある日、望月結香は、彼との別れ話のもつれから、裸の写真を週刊誌に売られ、番組を降板、更には退社に追い込まれる。

いっそ死んでしまおうとさまよっていたとき、アナウンサースクールの恩師 長崎孝人から連絡が入る。

長崎孝人には、実在のモデルがいる。東京アナウンスセミナーの永井譲治さんだ。
永井さんは、
「ひとは自分のために生きることなどできない。ノアの箱舟に自分ひとり乗り込むことなどできない。他人のために生きて、はじめて自分を生かすことができるのだ」
という信念の下、多くのアナウンサー志望の学生と寝食を共にし、カウンセリングを重ねながら、多くのアナウンサーを世に送り出した人。
24時間体制で学生からの相談に応じ、耳と声帯を痛めて、電話恐怖症にまでなったのだそうだ。
残念ながら、2008年に52歳で亡くなったのだけれど、こんな方が今の日本にもいたのだなぁ、と目頭が熱くなった。
「大変でしたね。望月さん、あなたは十分過去と向き合いました。でも、これ以上過去にこだわっても仕方ない。いまから先のことだけをいっしょに考えていきましょう。望月さんは、絶対にアナウンサーとして復帰できる」

長崎の助けによって、望月結香は、刑務所限定のコミュニティFM局で再起する。

やがて、藤崎あゆみは、同僚の男性メインキャスターが薬物中毒であることを暴露して政治家に転身。
水沢千広は、新番組のメインキャスターに抜擢されるが、後輩の整形美人キャスターに彼氏を盗られ、アツアツの二人にインタビューしなければならない皮肉に見舞われる・・・・・。

イヤなことがあっても、テレビから彼女達が消え、皆に忘れ去られても、彼女達の人生は続いていく。
スキャンダラスな女性達ばかりだけど、悩みながら必死なのだ。だから、嫌悪感は無い。
むしろ、挫折した経験のある女性なら、この3人の誰かに感情移入するかもしれない。

この小説では、女子アナのやるせなさ、虚しさばかりがクローズアップされているけど、一般の女性が味わえない楽しいこともいっぱいあると私は思う・・・・・っていうか、人物を描くときは「生き難さ」でしかつながれないのかなぁ、美里さんは(^^;
今今と 今という間に今ぞなく 今という間に今ぞ過ぎ行く


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/10562438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひまわりマミー。 at 2010-09-16 05:33 x
初めまして!読書記事から飛んできました♪
読書blogをやっている双子ママ看護師です。
私もこの本読みました。華やか女子アナ業界の裏側、
相当取材して描いているなというリアリティーが面白くて
夜が更けるのも忘れ一気読み!…まんまと翌日は寝不足でした(;´▽`A``
そうですね。確かにこの本では『華やか業界の裏側ドロドロ』というネガティブ視点から描かれているけど、当然ポジティブな部分もあるわけで。この視点は、不幸描かせたら天下一品、柳美里ならではの視点なのでしょうか(゜_。)?

同じ本記事UPしたので、是非TBさせてください(*≧∀≦*)
今後ともよろしくお願いいたします <(_ _)>

Blog:
双子ママ看護師の図書館もうで。
(↓冒頭に“h”を足してください♪)
ttp://himawarimamy2.blog23.fc2.com/
Commented by june_h at 2010-09-16 18:28
ひまわりマミーさん初めまして。コメントありがとうございます。
柳美里さんのほかの作品は、読んだことがないのでよくわかりませんが、人物の「生きにくさ」を切り口に、その人の本質に迫ろうとしているように思いました。
by june_h | 2009-12-15 20:38 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)