「平林都の接遇道」 平林都 著 大和書房

フジテレビ『エチカの鏡』でお馴染みのマナー講師、平林都さんの本。

彼女の指導で、大のオトナが涙目になって挨拶を繰り返しているのを見て、彼女に興味を持ちました。

この本に書かれていることは、挨拶の仕方や、お客様との受け応えの仕方など、ごくごく当たり前のことばかり。
でも、これらをいつも実践できている人は、そんなに多くありません。彼女の研修では、挨拶が自然とできるようになるまで、何度も体に叩きこみます。決して、いじめるために何度も挨拶をさせるわけではないのです。

彼女は言います。
言葉は力であり、敵にも味方にもなる。ならば味方にした方が良い

丁寧に接客されて怒る人はいません。
言葉の使い方一つで、相手に対する印象が変わります。言葉を味方につけることで、お客様を味方にすることができるのです。

また、彼女は「この世で一番接遇が必要な場所は病院である」と言っていますが、医療機関が彼女の研修を受ける余裕は、あんまり無いかも・・・・・。

彼女が接遇の講師となったのは、彼女の生い立ちと深く関係しています。

幼いときに両親が離婚して、父親に引き取られましたが、父親もほとんど家にはいませんでした。そのため、親戚の家を転々と回ることを余儀なくされます。気遣いをしなければ生きていけないような子供時代でした。
大学に行ける学力があったのですが、学費がなかったので信用金庫に就職。大卒の人に負けない教養を身につけようと、茶道や華道など十数個ものお稽古事を掛け持ち。その中に接遇があったのです。

興味深かったのは、着付を習っていたときのエピソード。

着付の全国大会に何度も出場するほど上達した彼女ですが、どんなに努力しても優勝はできませんでした。
ある時、これで最後にしようと思い、何の準備もせず、前日も遊んで臨んだところ、あっさり優勝してしまいます。

彼女は気付いたのです。
それまでは、優勝したいと肩に力が入ってしまい、動作に「驕り」がにじみ出ていたのだと。

私も肩に力が入らないように、テスト勉強もやーめた!・・・・・とは言い切れない(^^;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/10801519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2010-02-23 22:27 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)