「恋愛大好きですが、何か?」 中園ミホ 著 光文社

『やまとなでしこ』や『anego』などなど、大ヒットドラマの脚本家、中園ミホさんのエッセイです。

私が中園さんに興味を持ったのは、『ハケンの品格』のドラマを見てから。
キャラ設定とか、セリフとか絶妙だったんですよね!

読んでいて、お酒大好き!タバコ大好き!イイ男大好き!美味しいモノ大好き!お金大好き!というストレートな気持ちが伝わってきて気持ちイイです(笑)。
こういう人には、ホメオパシーの、メドライナム(何でも欲しがる人)と、ナックスボミカ(何でもヤリ過ぎる人)のレメディ飲んで欲しいわね、とか思うのですが、女性の作家さんって、こういう人が多い気がします。感情が過剰な感じの人が(^^;

まぁでも、自分に正直でなきゃあ、人の心を打つ本なんて書けないわな。
私は、お酒とタバコはダメだけど、他は同じく大好きです!

中園さんは、シナリオライターになる前は、なんとプロの占い師!
今でも、四柱推命の知識を生かして、周囲の人達を観ているので、女性にはモテモテなんだとか。

でも、実際は、占いどおりにいかないのが現実。
あるドラマでは、スタッフ全員が「天中殺」という大凶の時期だったため、本気で仕事を断ろうとしていたそうですが、結局、今まで手掛けたドラマの中で、一番ヒットしたんだとか。

この本を読んでいたら、私も自分のが気になって、ネットの四柱推命で運勢を調べちゃいました(^^;

こんな中園さんは、一人息子を持つシングルマザー。
これからも、男性の「ギューッ」と「チューッ」をモチベーションにして、自分に正直に生きていって欲しいです(^^)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/10882854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2010-03-20 17:30 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)