ヤング@ハートLive in JAPAN "Young@Heart is Alive & Well"@すみだトリフォニーホール

母が「ヤング@ハート」の映画を観て、コンサートに行ってみたい!と言ったので、チケットを取りました。

ヤング@ハートは、平均年齢80歳のアメリカのコーラスグループ。
マサチューセッツ州にある高齢者住宅の住人を中心に結成され、レパートリーは、ロックやソウルなど多彩。今ではワールドツアーをするまでになった、有名なグループです。
今回は、その来日公演というわけ。

開演のベルが鳴ると、白シャツとジーパンのおじいちゃん集団登場!・・・・・あれ?全員日本人!?と思ったら、オープニングアクトの皆さん。
「コーロ カステロ」という、成城大学OBを中心に、戦後間もなく結成された男性合唱団で、平均年齢は、ヤング@ハートと同じくらい。指揮者さんは89歳ですって!
皆さん、ステキな声です。

私も合唱やってたから思うんですけど、歌って健康にとても良いと思うのですよね。
腹筋とか筋力使うし、深く呼吸するし、歌詞覚えるから頭使うし、大声でストレス発散できるしね。

その後、ヤング@ハートの紹介VTRが流れ、いよいよ登場です!
お客さんも、すでに盛り上がっています。

1曲ずつ歌うのではなくて、メドレー形式なんで、30分くらいぶっ通しで歌ったり踊ったりするんです!体力も必要だし、段取りを覚えるだけでも大変ね!
もちろん、映画でも出てきた、ジミヘンやマイケル・ジャクソンなんかのナンバーもありましたよ!
みんな、お辞儀をするときに、腰を痛そうに押さえるんです。パフォーマンスなんだろうけど、心配になってしまいます(^^;

休憩を挟んで、後半のメドレーが終わった後、指揮者のボブが
「これから歌うのは、皆さんにもお馴染みの曲だと思いますよ」
と紹介すると、女性ソロで始まったのは、坂本九の『上を向いて歩こう』。邦楽メドレーの始まりです!
続いて、おばあちゃんが「dobunezumi...」と歌い出すと、男性客が色めきだちました。そう、ブルーハーツの『リンダリンダ』です!お客さんは総立ちに!
最後は、RCサクセションの『雨あがりの夜空に』。終始、会場一体となって、楽しむことができました!

これから関西方面もツアーで回るようですが、日本が最も美しい季節です。
体に気をつけて、たくさんの美しい景色と、素晴らしい出会いがありますように!
Forever young!

You can't always get what you want
But if you try sometimes well you might find
You get what you need

--The Rolling Stones--You Can't Always Get What You Want

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/10886281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from *モナミ* SMAP・映.. at 2010-03-21 20:14
タイトル : ヤング@ハート Live in JAPAN
今日はヤング@ハート Live in JAPANに行ってきました。 ドキュメンタリー映画『ヤング@ハート』で一躍有名になった、 ロックを歌うおじいちゃんおばあちゃんたちが、日本にやって来た!すみだトリフォニーホールってとこであったんだけど、 駅員さんに「すみだトリニティホールってどっちですか?」 って聞いちゃったよ。 通じたけどね。 多分、間違える人多いとみた(爆)。... more
by june_h | 2010-03-21 19:07 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback(1) | Comments(0)