パパ・タラフマラ 『白雪姫』 舞台稽古@某スタジオ

学校のダンサーの友達が、
「よかったら私が関わっているカンパニーの稽古場に遊びに来て!」
と言ってくれたので、「舞台」と名の付くものなら興味バリバリの私は、二つ返事で駆けつけましたさ(^o^)/

そんなわけで、友達に連れられて某スタジオへ。

ドアを開けると、ダンサーさん達が練習着でウォーミングアップしていて挨拶されました。私もドキドキしつつご挨拶。床には、舞台の大きさを示すテープが貼ってあって・・・・・って、こういうのを見るだけでもテンション上がりますo(^^)o

スタッフの方にも「こんな舞台になるんですよ」と、ノートパソコンでセットのイメージ図を見せていただきました。
なんか、舞台裏に来た感じでワクワクしっぱなし!

パパ・タラフマラは、1982年から続いている、伝統あるコンテンポラリーダンスのカンパニー。全国ツアーはもちろん、海外公演も数多く実績があります。
作品は、演出家さんが大まかなイメージをダンサーに伝え、各自がそのイメージに合った振り付けを考え、練り上げていく共同作業。そんなわけで、バレエとかジャズダンスとかヒップホップとかバリのケチャとか、各ダンサーさんが得意にしているであろう、いろいろなダンスの要素や動きが入っていて面白いです。
同じ振り付けでも、一人一人が持っている体の動きのクセが違うので、個性が出るよね。

前半部分(約30分)の通し稽古だったのですが、ほとんどのダンサーさん、ほぼ動きっぱなし!みんな汗だく!
客席最前列よりも近い位置で見ていたので、息遣いとか、体温とか、まるで、直接触れて感じているかのよう。自分も、パワーをもらったようにテンションが上がり、終わった後には、(お邪魔になってはいけないので)小声で
「すごーい!すごーい!すごーい!」
を連発。
そんな私を見て友達は「なんか地味に感動してる」と、大ウケでした(笑)。

でも、終わった後のミーティングでは、もう皆さん涼しい顔をしていてさすが!
私が同じことをやったら、途中でぶっ倒れます(←できないけど)。

ダンサーさん達も、皆さん気さくな方ばかりで、また遊びに来てくださいね♪と言ってくださいました。
そんなこと言われると、本当に行っちゃうからね!
本番も楽しみですo(^-^)o♪


<関連リンク>
パパ・タラフマラ Pappa TARAHUMARA
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/11518940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2010-07-11 20:22 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)