「ヨンエの誓い」 イ・ヨンエ 著 日本放送出版協会

韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』でお馴染みの、イ・ヨンエさんのエッセイです。
「ヨンエの誓い」 イ・ヨンエ「ヨンエの誓い」 イ・ヨンエ
私が彼女を知ったのは、映画『JSA』のプロモーションで、『ニュースステーション』に出演したとき。
彼女の美しさに、インタビュアーの久米宏は、ただのエロオヤジと化していて、私は呆れるばかりでしたが、そうなる気持ちもわかります(笑)。

「酸素のような女性」というキャッチフレーズのCMで、有名になった彼女ですが、韓国では「酸素」と「山所(お墓)」は同じ発音なので、「お墓のような女性」と揶揄されたこともあったんだとか(^^;
『チャングム』のドラマに出演する前に、『冬のソナタ』のヒロイン役のオファーもあったんだそうです。彼女がこのオファーを受けていたら、『冬ソナ』は、また違ったものになっていたのでしょう。

そして、運命の『チャングム』での主演。ドラマの裏話をたくさん語っています。

撮影スケジュールのあまりのタイトさに、待ち時間中泣いていたとか。演技の途中で、気づいたら寝ていたことも。
うちの母も「あのドラマはいつも寒そうだ」と言っていましたが、実際大変な寒さだったんだそうで、チョゴリの下にホッカイロをいくつも付けていたんだそうです。

共演者のことも、いろいろ書いてあります。
本当は、チャングムをめぐるミン・ジョンホと王様との三角関係がじっくり描かれる予定だったんだそうですが、ハン尚宮が大人気で、彼女が予定よりずっと長く「生き残った」ために、ラブロマンスを描く予定がなくなってしまったそうです(^^;私は、それで良かったと思います(笑)。

私は『チャングム』のドラマは、韓国のドラマの中で一番好きです。
ちょうど、引きこもっていたときに見ていたので、宮廷を追われて、医女として再び宮廷に戻ってきたチャングムに励まされました。

でも、チャングムは、あまりにも「清く正しく美しい」優等生だったんで、ちょっとイラっとすることも(笑)。
どちらかというと、チャングムの敵役のクミョンに感情移入しました。

自分が一族のためにやっていることに対して罪悪感を持ちつつ迷いながら、どんなに努力してもチャングムにかなわず、愛するミン・ジョンホもチャングムしか目に入らず、振り向いてくれない。

一番好きなのは、42話で、クミョンがミン・ジョンホに料理をふるまうエピソード。
「一度でいい、王様でなく大事な方のために料理を作りたかった」
いつもは王様のための「仕事」だった料理を、初めて好きな人のために作るのです。ジョンホは当然、彼女にツレないのですが、クミョンは、自己満足だとわかっていても、嬉しかったと思いますよ!
チェ一族の悪事が露見した後、ひっそりと風呂敷包み?一つで、宮中を去る彼女の背中を見ながら、彼女の幸せを祈ったものです。

話をイ・ヨンエさんに戻しますが、私の母は彼女のことを
「吉永小百合みたいね」
と言います。
これは、どういうことかと言うと、正統派美人なのに洋服のセンスが野暮ったい吉永小百合に着物が似合うように、イ・ヨンエにはチマ・チョゴリがよく似合うということです。

最近ご結婚されて、お子さんもできたようですが、女優として復帰されないんですかねー。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/11631632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by フミエル at 2010-07-28 11:51 x
冬ソナは見ていませんが、私が初めてはまった韓国ドラマがこれです!!
で、最初に感じたのは韓国の女優さんの美しい顔立ち!
みなさんきれいですよね~。
そして私もクミョンの好きな人を思う一途な心に共感しました。
今は「イ・サン」にはまってます♪
どうやら私はこの時代背景が好きみたい♪
Commented by june_h at 2010-07-28 19:59
フミエルさんも韓国の時代劇お好きなんですね!
私は「ファン・ジニ」も好きです。チャングム同じ医療モノの「ホジュン」も挑戦したいところですが、なかなか時間が無くて(^^;
韓国のドラマって、悪役もキレイな人ばっかりなんですよね(笑)。悪役がしっかりしないと、ドラマがつまらなくなりますからね~!
Commented by 二華 at 2010-07-29 10:48 x
私は最近「チャングム」を見たばかりで、しかも初めての韓国ドラマでした♪
人間、やっぱり体力が大事だな~!と痛感しました。^^
やり通せる凄さ、素晴らしいですよね。実際のイ・ヨンエさんも、そんなハードスケジュールで美しいままだなんて。

私は、ハン尚宮様も大好きですが、恋愛ももっと見たかったミーハーです。(笑)
医療に携わる人の心得とかも、素敵でしたね。
Commented by かすた at 2010-07-29 12:40 x
私もチャングム大好き! 私の母も大好き!!
ハン尚宮がチャングムの背中で息絶える回は、母に電話しながら二人で号泣したものです・・・。

時代劇なら、朱蒙はご覧になりました?
チェ尚宮@チャングムが、ここでも美しい悪役で出ています^^
Commented by june_h at 2010-07-29 19:01
>かすたさま
ハン尚宮を背負うシーン、私も泣きました。
撮影では、見えないところで、チャングムの両脇からスタッフがハン尚宮を支えていたそうですが、それでも重くて大変だったそうです(^^;
ヨンエさんが「チェ尚宮役のキョン・ミリさんは、悪役はもうしないっておっしゃっていたのに、「朱蒙」でも悪役でしたね」って笑っていました(笑)。
私、キョン・ミリさんは、洋服のときのほうが好きかも♪お若いし、お美しいし、世話好きだし。メイキングのチェ尚宮の様子が微笑ましかったです(^^)
Commented by june_h at 2010-07-29 19:02
>二華さま
何日も徹夜が続いたり、突然3ページのセリフを渡されてすぐに覚えなければならなかったり、ほかの共演者を気遣う余裕もなかったんだそうです。
視聴率が良かったので、更に20話延長を打診されたそうですが、迷うことなく断ったそうです(^^;この話を受けていれば、ラブストーリーになったかも(^^)

チャングムの師匠達は、皆素晴らしい人ばかりでしたね!ハン尚宮もチョン尚宮も、チャンドク女史もウンベク様も!チャンドクさんに叱られたい~と思いました(笑)。
by june_h | 2010-07-27 18:47 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(6)