「世界でもっとも阿呆な旅」 安居良基 著 幻冬舎

オランダの「スケベニンゲン」、オーストラリアの「エロマンガ」、北海道の「ヤリキレナイ川」など、世界の珍地名を旅する安居良基(あんきょよしもと)さんの旅行記です。

この方を初めて知ったのは『タモリ倶楽部』でした。
(余談ですが、私は『タモリ倶楽部』は立派な「教養番組」だと思っています(笑)。NHKの『ブラタモリ』は、この番組のフォーマットをパクったとしか思えません。それなりに面白かったけど)。

私は一見「ムダ」な「どうでもいい」ことに一生懸命な人って好きです♪
世の中は、「ムダ」だと言われたことが歴史を変えてきたことはたくさんあるのです。だからといって、安居さんの旅行が、世界を変えるかどうかは分かりません(^^;少なくとも、私の生活に、笑いと驚きをもたらしてくれました。

珍地名の看板の前でニッコリ記念撮影するために、時には、外国人がめったに訪れない「秘境」にも足を運ぶ安居さん。あまりにも悪路が続いて下痢が止まらなくなったり。気合い入ってます!

現地の人にも、何で来たのかって訊かれても、答えに窮したことが何度もあったみたい。だってねぇ「日本語だと面白い地名だから」って言っても、現地の人には意味わかんないよね(^^;

私が気に入ったのは、静岡県にある「星の糞(ほしのくそ)」・・・・・ロマンチックなんだかそうじゃないんだか(^^;;;

安居さんは、東芝の社員なので、なかなか長期の休みが取りにくく、最近は、国内を中心に探しているそうです。
『タモリ倶楽部』では、「紛争地域にある珍地名も訪れたい」と言っていたことからすごいです。頑張って「制覇」して欲しいと思います。


<関連リンク>
ANKYO's HOME PAGE
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/11770473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-08-21 12:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by june_h at 2010-08-22 21:38
>非公開さま
やはり、お好きだと思っていました♪今度お会いして、じっくりお話ししたいものです(^^)
by june_h | 2010-08-19 18:42 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)