パパ・タラフマラ「スウィフト・スウィーツ」@調布市せんがわ劇場

以前、舞台稽古にお邪魔させていただいたパパ・タラフマラ。
今回も、お誘いいただきまいして、行って来ましたo(^-^)o

この舞台は、日韓合作。
日本人ダンサー2人と、韓国人ダンサー3人の舞台です。
基本的にダンスなので、セリフはほとんどありませんが、日韓チャンポンで時々出てきます。
日本人ダンサーが「一人や一人」と歌うと、韓国人が同じ意味の言葉「ハンサラムハンサラム」と言ったり。
日韓のダンサーが、人形を投げ合っていると「オプソ!(「無い」の意味)」「オヘソ」「(人形を見て)ヘソが無い」みたいに、変化?を楽しんだり。
「白雪姫」を見ていても思いましたが、ダンサーさんが持っている一人一人の動きや技術をとても尊重しているみたい。
韓国語のラップも出てきました。

それから、パパ・タラフマラのは、「白雪姫」とこの作品しか見ていないのですが、女性のダンサーさん達の動きが、プリミティブなエネルギーに溢れています。もしかして、演出の小池さん、こういう女性が好み!?
時々、セクシーな踊りとかあるのですが、ダンサーさん達が皆、ちっちゃくてカワイラシいので、イヤらしくなくて「カワイイ♪」とか思っちゃう(笑)。

あと、衣装が良かったです!スカートを脱いだ後のズロースとか。
コンテンポラリーダンスの衣装を多く手掛けているデザイナーさんによるものだそうですが、普段の洋服と違って、ダンスの衣装は、動きやすさとか芸術性とか、いろいろ求められることも多そうですね。

開演前に、一緒に観に行った学校の友達と、駅前のファミレスでお夕飯。
ハンバーグ&ホタテフライ定食を頼み、がっつりいただいてしまいました!
私の胃袋は「食欲の秋」モードに突入です(^^;;;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/11984125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2010-09-26 20:24 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)