【日本映画】玄牝(げんぴん)【自然出産 吉村医院のドキュメンタリー】

自然出産で有名な吉村医院を追ったドキュメンタリー映画。
監督は、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した『殯の森』の河瀬直美さんです。

吉村医院では、妊婦さん達が雑巾がけや薪割りや農作業など、昔ながらの作業をして、お産に備えます。
現代の生活は、圧倒的に運動不足になるため、お産を重くしてしまいますし、赤ちゃんもなかなか降りてこないからです。
お産が大変なものになったのは「病気」ではなく「文化的問題」だと、院長の吉村先生は言います。

黙々と作業をこなす妊婦さん達は「身体を動かすと気持ち良いし心も軽くなる」と、だんだん逞しくなっていきます。「身体の声」が聞こえるようになってくるんですね。

お産も、とっても気持ち良さそう。
「ありがとう」「やっと会えたね」お母さんは、感謝の言葉でいっぱい!
生まれた赤ちゃんも、なんだか誇らしげです。

この病院には、全国から妊婦さん達がやって来ます。前のお産で、「お産は怖い、危険」だと言われ、陣痛促進剤だの会陰切開だの帝王切開だの吸引分娩だの鉗子分娩だの、自分がモノのように扱われ、お産が「思い出したくもない経験」になってしまった人も少なくありません。
こうなると「この子のせいでひどい目に遭った」という心身の経験が残って、子供を愛せなってしまうこともあります。
そんなわけで「お産を楽しい思い出にしたい」と思って、吉村医院を選ぶ人が後を絶ちません。中には、自身が外科医の妊婦さんもいました。

吉村医院に通いながらも、結局、大きな病院で帝王切開して出産した母親は、インタビューから敗北感のようなものが見え隠れしていましたが、私は、決して間違ってなかったと思います。
「もし、私が江戸時代に生まれていたら、私とこの子の両方が助かることはなかったと思う。この子を抱きたいと思ったから、現代の医療にお世話になった」
子供が無事に生まれたんだもの。誇って良い!と思いますよ。

この映画は、院長の吉村正という、一人の産科医のドキュメンタリーでもありました。
吉村先生の娘さんが
「外の家族の世話ばかりして、話を聞いてくれなかった。もっと家族に寄り添って欲しかった」
と吐露していることから、吉村先生が、家族とのコミュニケーションを犠牲にして、妊婦さん達に尽くしていることがわかったし、
「今の産婦人科学会は「母親が死んではならない」「胎児が死んではならない」と言っているが、それは間違っている。死を否定することは、生を否定することだ。母親も赤ん坊も死ぬときは死ぬし、生きるときは生きる。それは、神が決めること。結果を受け入れることだ。でも、今の産科医は、ここまで言うことができないだろう。私は、本当は、産科医を辞めたかった。今日、こうして言えて良かった」
と、おっしゃっていることから、先生が孤独に戦ってきたことも伝わってきました。

恐らく、今まで大変な批判を受けてきたのだろうと思います。先生ご自身も、神様ではなく、一人の人間として、迷い苦しみながら産科医を続けてこられたのだと思います。

先生の言葉を聞いて、死を恐れ、否定する現代医学の姿勢こそが、医療訴訟の増加を招き、医師自身の首を絞めているのかもしれないと考えました。
d0108969_1245789.gif
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/12297316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2010-11-18 12:46 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)