「一歩60cmで地球を廻れ 間寛平だけが無謀な夢を実現できる理由」 比企啓之 土屋敏男 ワニブックス

ヨットとマラソンで世界を一周する「アースマラソン」に挑戦している間寛平さん。この挑戦を支えている日本テレビの土屋敏男プロデューサーと、寛平さんのマネージャー比企啓之さんの本です。

ゴルフの帰り道に「世界一周する」と、なんとなく思ってから、比企さんに相談した寛平ちゃん。面白い!と思った比企さんは早速、ヨットの準備を始めました。
そこへ、『電波少年』を手掛けた土屋さんが合流。ドキュメントバラエティのノウハウと、「第二日本テレビ」でのネットを使ったコンテンツの経験を生かして、Webと連動させた企画を提案。ちょうど、オリンピック招致運動とも重なって、吉本興業と日本テレビ、電通が共同出資する「アースマラソン」が始動しました。

この本を読んでいて思ったのは、とにかく、
「寛平ちゃんの実現力がスゴい!」
やりたい!と誰かに話すと、次々と協力者が現れるのです。周囲の方々に恵まれているなぁと思います。
比企さんは、企画が決まってもいないうちから寛平ちゃんとヨットに乗るために、会社を辞める相談をしていたし、寛平ちゃんの奥さんは、資金を作るために、家を担保に借金しようとしていたのです。

そうこうしているうちに、スポンサーも集まり、企画も決まり、あれよあれよと言う間にスタート!今は中国を走っていて、ゴールは間近です。

私も、時間があるときに、アースマラソンのページや寛平ちゃんのツイッターをフォローしています。

普段は、あまり馴染みの無いイスラム教国も、一歩ずつ寛平ちゃんが歩いてくれたので、とても身近に感じました。
ネガティブなニュースにしか出て来ないクルド人達は、とても好奇心いっぱいで寛平ちゃんに親切だったり、男性とあまり接触しないイスラム教徒の女性も、子供を通して寛平ちゃんに差し入れをしたり。
私も一緒に旅行しているようで、楽しいです。

どうか、無事に帰って来ますように。応援しています!
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/12350195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2010-11-25 12:39 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)