「プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である」 片岡宏雄 著 双葉社

片岡さんは、ヤクルトスワローズのスカウトを長年務めた方です。
「プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である」 片岡宏雄「プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である」 片岡宏雄
片岡さんは、長嶋茂雄の1年後輩。立教大学の野球部で活躍した後、中日ドラゴンズに入団しましたが、思うように伸びず、産経新聞の記者に。そこから更に、スカウトの道に入りました。

片岡さんが選手を見る上で重視したのは、投球するときのリズム感、身体の強さ、そして、選手の性格。
特に、投手は、どんなに技術が優れていても、優しい性格では、マウンドで孤独に戦うことはできません。傲慢なくらいが大成すると言います。

スカウトに必要なのは、情報です。
本人が進路を決定する上でのキーマンは誰か?父親か?母親か?学校の監督なのか?
その目測を誤ると、他球団のスカウトに出し抜かれるどころか、当人に会うことすらできなくなります。
イチローを発掘した三輪田スカウトは、沖縄のある選手を獲得する際、情報筋を誤ったことが元で自殺したと言われています。

そして、必要なのは、やはりお金です。
逆指名制度が導入されてからは、特にお金がかかるようになったそうです。
有力選手の場合、本人だけではなく、親の借金や住宅購入の世話までする、なんていう噂もあります。数年前は、裏金問題がメディアを騒がせました。
こうなってくると、財力のある球団が有利になります。片岡さんは、時間をかけて有力選手と信頼関係を築いても、結局、お金をたくさん積んだ球団に入ってしまったということが、何度もあったそうです。

ヤクルトといえば、野村克也監督が有名ですが、緻密なデータを積み重ねる「ID野球」と、アナログ的な感性を大事にする片岡さんは、性格的に合わなかったのです。
野村監督のおかげで、万年Bクラスだったヤクルトは、毎年日本一を争うまでのチームになったわけですが、その陰で、勝利のために酷使され、身体を壊し、使い捨てにされた選手も多かったとか。
また、古田敦也をスカウトしたときも「眼鏡の選手はいらん」とむげに言ったのに、活躍すると「俺が育てた」と言わんばかりの態度。そして、野村野球の最大の「被害者」は、長嶋一茂なのだと・・・・・それにしても、どの本を読んでも、野村監督は、関係者には評判悪いっすね(^^;;;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/13842440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from many books 参.. at 2011-06-22 07:37
タイトル : プロ野球 スカウトの眼はすべて「節穴」である
片岡宏雄 2011年2月 双葉新書 著者は元ヤクルトスワローズの2004年までスカウト部長。 33年間のスカウトの仕事であったいろいろを書いてる。 重要視するのは、ピッチャーでいったら球離れ(投げるときの指先のピッてやつ)とリズム感。あとは努力するかどうかなども含め...... more
Commented by kanagawa_kun at 2011-06-22 08:08 x
こんにちは。トラックバックありがとうございます。
野村克也氏が「おい、スカウトっちゅうのは儲かるらしいのぅ」って挨拶をよこしたって話がありますけど、本人は面白いつもりかもしれませんが、冗談のセンスがないですよね。
Commented by june_h at 2011-06-22 12:33
こちらこそTB&コメントありがとうございます。
片岡さんは、長嶋が好きだったと思うので、野村さんはもともとあまり好きじゃなかったのかもしれませんよね(^^;
キライだから、何を言われても悪く取ってしまったのかも。
それに、スカウトとしてのプライドがあるだろうし。
スカウトは、球団側からも軽く見られていたみたいなので、プライドにかかわるような発言は、特に嫌ったのかもしれません。
by june_h | 2011-06-21 17:41 | 本 読書 書評 | Trackback(1) | Comments(2)