「ジャーナリズム崩壊」 上杉隆 著 幻冬舎

最近、ネットで情報収集していると、各マスメディアが「みんな同じことを言っている」ことに気づきました。
上杉さんは、今のマスメディアの横並びの問題には、日本独自のマスメディアのシステムが大きく影響していると言います。
「ジャーナリズム崩壊」 上杉隆「ジャーナリズム崩壊」 上杉隆
日本のマスメディアは、欧米のと比べて、いくつか大きな違いがあるんだそうです。

まず、「新聞記者と通信記者の違い」。
欧米では、通信記者がストレートニュースを扱い、新聞記者が解説や批評を加えた記事を書くという「住み分け」がハッキリしているそうです。日本では、ストレートニュースも新聞記者が扱っています。
私には、今まで新聞社と通信社の区別がよくわからなかったのですが(メディアの有る無しくらい?)、欧米では、ハッキリ分かれているのですね。

それから、日本では、新聞記者が社内で出世していくと、管理職になって会社経営に関わっていくようになりますが、欧米では、記者と経営者がハッキリ分かれていて、記者が経営者になることはありません。
記者がお金のことを考えるようになったら、記事にも影響しますよね(^^;

それから、欧米では、記名記事が当たり前ですが、日本では、ほとんど無記名。
記事の対象者は、ほとんど本名なのに、記者が無記名だと、確かにフェアじゃないですよね。

そして、上杉さんが特に問題だと言う記者クラブは、政治家にとっても記者にとっても都合の良い、よくできたシステムみたいです。
記者は、記者クラブ以外のジャーナリストを締め出して、情報をラクに収集して独占することができます。
政治家は、取材を記者クラブに限定することで、情報統制が容易になります。
この制度は、日本独自のもので、海外では、常にその閉鎖性が批判の的になっていますが、日本では一切報道されません。

読んでいて思いました。

・・・・・北朝鮮と変わらないじゃん(^^;

メディアが、自分たちに都合の良い情報を流して、都合の悪い人や団体を叩きのめしているのだとしたら・・・・・。
メディアも営利団体なので、ある程度は仕方ないかもしれませんが、広告を出している団体の都合の悪いことが書かれないのだとしたら、それは記事ではなく「宣伝」になります。
ぶっちゃけ「宣伝」だと割り切ることもできるでしょうが、メディアには、権力を監視する機能もあったり、国民の知る権利を補完する機能があったりするので、そういう面から考えると、メディアは存在意義を失ってしまいませんか?

マスメディアの信用力と売り上げが落ちているのは、結局、身から出たサビなのかなあ・・・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/14235603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2011-07-30 20:57 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)