虚構の劇団 第7回公演「天使は瞳を閉じて」@池袋シアターグリーンBIG TREE THEATER

鴻上さんの戯曲を読んでいて、一番、ナマの舞台で観たい!と思っていた作品だったので、とっても楽しみにしていました♪

見終わって率直に

予想&期待以上!

でした\(^O^)/

今回の上演で4回目だそうですが、前回までは、確か「核戦争後」という設定。
今回は、(予想できたことですが)「原発事故後」という設定に変わっていました。

透明のドームの中という閉鎖された空間で、だんだん壊れていく人間関係が、克明に描かれています。
第三舞台時代の鴻上さんの苦悩が伺えます(^^;

ラストの壁が壊れるシーン、戯曲で読んだときは、ショッキングだったのですが、舞台では、わりとアッサリでした。

演劇を最前列で観るのは、やっぱりテレますね(^^;
息遣いが感じられますし、役者さんが「見て欲しくない」と思っているものを見ちゃったらどうしようってドキドキしちゃうので(笑)。

今まで観た「虚構の劇団」の舞台で、今回が一番、全俳優が良かったし、全俳優が役に合っているように思いました。
前からあった台本なのに、アテ書きしたかのよう。もちろん、細かい手直しは、していると思いますが。
脚本の力なのか、役の力なのか、はたまた役者の力なのか。
それぞれピッタリだったので、感動も倍だったと思います。

個々の役者さんについては、「役者編」で語ります!
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/14393256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2011-08-21 21:06 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)