【ネタバレあり】第三舞台封印解除&解散公演「深呼吸する惑星」(役者編)

幕が上がって、最初に思ったのは
「筧さん、顔デカい(笑)」
高橋一生君と並んじゃいけません(^^;

最初のダンスはWORLD ORDERのパクリでは!?。
まあ、それはそれで。

もちろん、これまでの第三舞台の芝居で恒例となっているものも、いろいろ登場しました。
長野さんの着ぐるみダンスとか、ケダモノの筧さんとか(笑)。
でも、私は今回初めてなので、お客さんがどよめいていても、よくわからないことも多かったです(^^;

あと、第三舞台の芝居に登場した歴代の役者さん何人かが、思わぬ形で登場したり。
ブランクのある役者さんと、そうでない役者さんに差があるように思いましたが、そんなことは、今回関係ありません。
舞台の熱気と、お客さんの情熱との一体感がありました。

終わってもカーテンコールが鳴り止まず。大高さんがブチ切れるまで続きました(笑)。
終演後にロビーで、鴻上さんにハグや握手を求める人達もいました。
初日から間もない舞台でこんなんだったら、千秋楽は、どうなっちゃうんだろう(^^;;;

「虚構の劇団」の子達の出演もあるんじゃないかなって予想していたら、やっぱりありました!
小沢道成くんと三上陽永くん。
思わず、ロビーにいた鴻上さんに直接確認してしまいました(^^;

道成くんは、カーテンコールのとき、本当に嬉しそうで。
終演後に物販に飛び出して来ていて、目がキラキラしていて。
憧れの第三舞台と同じ板の上に上がった喜びが伝わってくるようでした。
私は、彼が、目をキラキラさせて舞台に立っている姿が好きなのです。

追加公演も次々決まって、かなり長丁場な舞台になったようで。
体に気をつけて、千秋楽まで駆け抜けてください。
そして、第三舞台に縁あるお客さん達が一人でも多く見られますように。お祈りしています。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/15031141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2011-11-30 13:03 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)