「「開運!なんでも鑑定団」の十五年」 中島誠之助 著 平凡社

中島さんが有名になったのは「開運!なんでも鑑定団」の番組。しかし、古美術界の常識から考えるとこの番組は、タブーだらけなんだそうです。
「「開運!なんでも鑑定団」の十五年」 中島誠之助「「開運!なんでも鑑定団」の十五年」 中島誠之助
骨董品の値段は、売る人買う人によって変わるので、「オープン・ザ・プライス!」で、値段を明らかにすることなんてありえません(^^;
また、本物か偽物かを断定することもないのです。
中島さんは、番組では、非常に明確に答えていらっしゃいますが、実際の取引では、値段は最後まで明らかにしないし、本物か偽物かを鑑定することもしないそうです。

同業者に批判されるリスクもあるのに、なぜ彼が番組の鑑定師を引き受けたのかというと、頭打ちの感のあった古美術の世界で、新しいことをやってみたかったということと。
それから、番組に出演が決まる1年前、信号待ちをしている時「お前は有名になる」という「啓示」を受けたらしい(^^;
中島さんは、知識と経験から鋭い「勘」を磨かれてきたのですね。

真贋がすぐにわかるということは、良いことばかりではないそうで。
時には、嘘をつかなくてはいけないので、つらいこともあるんだとか。私だったら、たとえ偽物でも、よくわからないから「キレイだねぇ(^^)」で終わるだけだと思うのですが・・・・・。
値打ちというものはモノにはなくて、人の心にあるのだ

本当にそう思います。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/15093031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2011-12-11 20:50 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)