「僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと」 小川康 著 径書房

日本人で初めてアムチ(チベット医)になった小川さんのエッセイです。

僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと

小川 康 / 径書房


東北大学薬学部を卒業した後、職を転々としていた小川さん。ある日、『チベット医学入門』という本に出会い、アムチになることを決意。亡命チベット人が作った南インドのメンツィカン(チベット医学暦法学研究所)を目指します。

チベット語やチベット仏教を猛勉強して、メンツィカンの入試を(外国人枠で)突破しましたが、本当の苦労はこれから。
チベット医学の勉強は、『四部医典』と呼ばれる医学書を暗記します。卒業試験では、数時間かけて8万字を暗唱します。
また、ヒマラヤの山中で薬草採集の実習中に、遭難しかけたことも。
命懸けです(^^;

興味深かったのは、チベット医学で使う薬。
生薬などを使うのは、漢方やアーユルヴェーダと同じですが、薬を作る時は、お経を唱えて祈りながら作るんですねぇ。
特に「月晶丸」と呼ばれる薬は、満月の光に当てて作るそうな。
効き目がありそうですね(^^)

小川さんは、メンツィカンで、チベット医学の他に「謙虚さ」を学んだのだと思います。

小川さんは、ただ一人の外国人だったため、力を示さなければと肩に力が入り過ぎて、次第に学校で孤立。
チベット医学を学ぶことに対しても疑問が湧いてきて、休学して、日本に戻って来てしまいます。
しかし、級友から手紙が来て、自分の傲慢さに気付き、再びメンツィカンで学ぶことを決意するのです。
もうチベット人と闘って勝たなくてもいいんだ。自分を認めてもらうために勝たなければならないなんて思わなくもいいんだ。医療の実践がなくてもいい。なにもないなかで、なにができるかを考えればいい。なにもない、それこそがチベット医学の魅力ではないか。求めてはいけない。期待してもいけない。神秘的なアムチにならなくてもいい。チベット医学と格闘し自分自身が変わっていくことで、遠く離れた日本にさざなみのように微かな影響をおよぼすことができるかもしれないではないか。

彼は、その後、最年長でメンツィカンを卒業。無事にアムチとなります。

亡命チベット人がインドに持ち込んだチベット医学は、徐々にインド全土に広がっています。
既に、アーユルヴェーダやホメオパシーが盛んなインドで広まったのは、アムチ達が臨床現場で多くの人を治して効能を示し、インド政府に認められたことによるのです。

チベット医学は、単に人を治療するための技術ではなく、チベット人の文化であり、アイデンティティであることがよくわかります。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/15779301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2012-04-26 13:00 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)