「ザ・ベストテン」 山田修爾 著 ソニー・マガジンズ

1978年から1989年まで12年間続き、視聴率40%を叩き出していた伝説の歌番組「ザ・ベストテン」のプロデューサーの手記。
面白くて一気に読みました!

ザ・ベストテン

山田 修爾 / ソニーマガジンズ


最初は、この番組のコンセプトに上層部が難色を示したため、放送開始が遅れたんだそうです。
なぜなら、ベストテン方式で歌手をキャスティングすると、視聴者の好みをダイレクトに反映できる反面、歌手が番組に登場しないリスクもあったから。
しかし、そのリスクを逆手に取って、登場しない場合も正直に公表。視聴者に「順位の操作はない」と印象付けました。
毎週届く20万枚以上のリクエストハガキも、同じ筆跡のものは除くなどして、組織票は排除していたんだそうです。

歌手を出演させるために、特に力を入れたのは、中継放送でした。
歌手のスケジュールに合わせて、コンサート会場や海外、新幹線実況中継などもありました。
飛行機のタラップを降りる松田聖子を撮るために、着陸を遅らせようとしたこともあるんだとか(^^;

この番組の面白さの重要な要素は、ボケとツッコミが絶妙だった黒柳徹子・久米宏の二人の司会者。
黒柳徹子が休暇で海外にいる時は、滞在先から中継したそうです(^^;

番組の人気が上がるにつれ、この番組に出演することを目標にする歌手達も増えました。
西城秀樹は毎回一発芸を考えたり、沢田研二はセットや演出に並々ならぬこだわりを見せたり。
今も活躍するアイドルや歌手達が、この番組で育っていったのでした。

私は、物心がついていない時から、ずっと見ていた番組でした(笑)。

巻末についている全「ベストテン」を懐かしく見ながら、
「私が覚えているのは堀内孝雄の「君のひとみは10000ボルト」からだなあ」
とか、
「意外に演歌のランクインが少ないなあ」
とか、
「松山千春は出演しなかったなあ(実際は一度だけあるらしい)」
とか、
「山本譲二のフンドシ姿は覚えているなあ」
とか、
「瀬川瑛子の「命くれない」はベストテンに入ってなかったのに年間ベストテン2位は衝撃的だったなあ」
とか、
「TMネットワークの小室さんが黒柳徹子に「いつも大荷物ですね」って言われてたなあ」
とか、いろいろ思い出して楽しかったです!

歌手や視聴者がこの番組の人気に大きく貢献しているのはもちろんですが、
山田さんをはじめとする番組スタッフの力と情熱がとても大きかったことがわかります。
何日も徹夜したり、新婚旅行先でも仕事したり、企画が思いつかないときは、逆立ちで考えたりして(^^;

最後の山田さんと黒柳徹子の対談で、黒柳徹子はベストテン最終回と同じドレスをお召しに。
お二人の番組に対する愛情が伝わってきます。

間違いなく、この番組はテレビの一時代を築いた「文化」だったと思っています。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/15826624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by グレイス at 2012-05-06 21:17 x
チェッカーズの「涙のリクエスト」にハガキ送ったことあります!それとフジTVのオレたちひょうきん族の「ひょうきんベストテン」にもハガキ送ったし!ひょうきんには、歌っているゲストの頭上に細かくなった発泡スチロール製の雪がジャンジャン降って埋もれていくお決まりシーンがあったのですが(ご存じ?)私もそれを体験したくて、番組に呼んでほしいとお願いのハガキ出したんです。何の回答も無かったんですけどね。懐かしい~
Commented by june_h at 2012-05-07 12:13
>グレイスさま
いよっ!同世代(^^)
「涙のリクエスト」をリクエストしたとは!
そして、『ひょうきん族』そんなハガキを送っていたとは、グレイスさん、さすがでございます♪
私も『ひょうきん族』については、語り倒したいっす!
やっぱ飲みにいきましょう(^^)
by june_h | 2012-05-06 16:49 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)