鈴木雅之 taste of martini tour 2012 ~Martini Discovery~@大宮ソニックシティ大ホール

友達がお母様と一緒に行くはずのコンサートだったのですが、お母様が行けなくなったので、急きょ、私にチケットを譲ってくださいました(^^)

月並みな言い方ですが、スゴい良かったです・・・・・というか、私は「鈴木雅之」のスゴさに感服致しました。
いろいろな意味で興味深い存在だということがよくわかりました。

もちろん、存在は、シャネルズ時代からずっと存じておりましたが、じっくり聞いていていろいろ発見があったんです。

実は、彼、歌唱力がズバ抜けているわけではないのです。所々ごまかしていたりして(^^;
そして、音域も広いわけじゃない。男性が歌えないような高いキーなんですか、音域自体は狭いのです。
意外だったのは、裏声を使わないこと。私が聞いていた限りでは、美空ひばりの『愛燦燦』で使っただけ。
ほぼ実声。っていうか地声。

彼の素晴らしさは、とにかく

声声声声声

に尽きます。

とにかく、すさまじい倍音です。
二人いっぺんに声を出しているかのような深い声の波長。
しかも、高音部がエロくて、低音部で包みこむかのよう(笑)。
こりゃあ、女性のハートを「羽交い締め」ですわ(^^;
ここまでテナーサックスが似合う声の人がいるとは・・・・・。
ハモンドオルガンにも合ってたけど、やっぱテナーサックスでしょ!

そして、食欲性欲睡眠欲という、本能をくすぐる声なんで、聞いていて「飽きる」ってことがない。
ほとんど同じテイストの曲なのに、いつまでも聴いていたいと思うのが不思議です…。

そして、最大の強みは、

自分の魅力と客が求めていることを、よくわかっていること。

ちょっとレトロで、一歩間違えばキザな演出も、彼の場合は、カッコいいと思えてしまう。
自分で
ラブソングの王様
と言ってしまうところがスゴい(^^;

確固たる「鈴木雅之ワールド」があるので、玄人向けに突っ走ったりしないんですね。
途中まで、バリバリのファンクの曲でも、サビはちゃんと「鈴木雅之節」なんです・・・・・ファンクでこんなコード進行はあり得ないと思う(^^;
それでいて、「下町のおじさん」的な親しみやすいMCもあり・・・・・。

ファンが喜ぶことをちゃんとわかっていて、それを愚直に続けてきたからこそ、四半世紀+1年、大宮ソニックを満員にできるほどの固定ファンがついて来ているわけです。

・・・・・と、ここまでエラそうに語ってしまった私ですが、しっかり楽しませていただきました(^^)

オープニングは、槇原敬之の『SPY』。アルバムをマッキーにプロデュースしてもらったからですね。
『ロンリーチャップリン』は、一緒に歌ったり。
私が好きな『恋人』『別れの街』『夢で逢えたら』もあったり。

曲のテイストと客層を考えると、立つのか座るのかどっちなんだ!?って感じだったですけど、始まった途端に「キャー(。≧∇≦。)」って総立ち。
後は、立ったり座ったり忙しかったです(^^;

終わった後は、「martini tour」に敬意を表して、友達とドライマティーニを一杯引っ掛けて帰りました!
ステキな夜にカンパーイ(^^)/▽☆▽\(^^)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/15864120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2012-05-14 12:36 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)