「パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記」 田丸公美子 著 文藝春秋

彼女のイタリア語ネタと下ネタにすっかりハマッています(^^;

パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 (文春文庫)

田丸 公美子 / 文藝春秋


イタリア人相手の通訳なので、ファッション関係か建築関係の人が多いようです。何人か、有名なデザイナーの人となりも紹介されていますが、皆さん個性的。
そして、もちろん、俳優も。

映画『イル・ポスティーノ』の主演男優マッシモ・トロイージは、亡くなっていたんですね。知りませんでした・・・・・。
素晴らしい映画で、2回も観に行ったことを覚えています。
映画では、ただの田舎臭い男にしか見えませんでしたが、本来の姿は、とても洗練された男性だったんだそう。

下ネタ大好きな田丸さんですが、根はマジメな方なんですよね!
米原万里さんが後書きで、田丸さんは、高校を首席で卒業し、旦那さんヒトスジの才媛なんだってバラしていましたから(^^)

政治とベッドの話は、デリケートな問題なので、なかなかできないですが、この2人は、喋りまくりですね(^^;

田丸さんが小さい時に通訳になることを志し、実際に通訳になるまでのことが書かれていましたが、旦那さんのことは、ほとんど書かれておらず。残念!
本・読書
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/16889676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2012-09-27 12:31 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)