勝手にホメオパシー診断:映画「危険なメソッド」のザビーナ・シュピールラインの場合

ユングの患者であり、弟子であり、愛人だったザビーナ・シュピールライン。
映画「危険なメソッド」では、ザビーナが発作を起こして、ユングのいる病院に運ばれてくるシーンから始まります。
その後に続く、ユングの診察。
ザビーナの様子を見ていて、私は、こんなふうに思っていました。
「あー、この人、ベラドーナ(Bell.)かハイオサイマス(Hyos.)だ」
と。

Bell.とハイオサイマスHyos.は、よく似たレメディです。
彼女を見ているうちに、薬効書に書いてある言葉が、ガンガン浮かんで来て。
どっちかなーと思いながら見ていて、結局、Hyos.という結論になりました(笑)。

彼女の状態は、ざっとこんな感じでした。


・押さえつけておかないと暴れる
・目と歯を剥き出しにしている
・不随意の手の動き
・興奮
・猫が見える幻覚
・水に飛び込んで自殺しようとする
・食べ物を手でぐちゃぐちゃにする
・背景に父親に対する失恋


Hyos.の薬効書には、こんな症状が書いてあります。


「躁状態。手に負えないほど」
「目が据わっており、居合わせている人をにらみつける」
「発話に支障がある」
「極めて落ち着きがない」
「痙攣によって手足が大きく曲がり、湾曲した身体が高く投げ出される」
「晩、寝入った直後に、激怒して自分に飛びかかってくる猫達の夢を見てひどく不安になる」
「頭や顔や鼻を手探りするように軽く叩いたり、寝床の上で寝具を引っつかんでもがいたりする、瀕死の人のよう」
「絶望し、自殺したくて水の中に飛び込もうとする」
「たえまなく続く焼けるような熱の中、叫びつつ、呼吸が苦しく、両手を荒々しく動かす」
「嫉妬を伴う失恋」

女優のキーラ・ナイトレイさん、素晴らしい演技でした。
きっと、実際の症例記録を読んで、役作りしたんだと思います。
ザビーナさん、ユングのトコに行って、グチャグチャの関係になってSMの真似事なんてするより、ハーネマンのトコに行ってHyos.一粒飲んだら、とっとと治っていたんじゃないかと、ミもフタもないことを考えてみたりする(^^;;;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/17453199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あつこ at 2016-03-31 14:38 x
はじめまして。「ホメオパシー」で検索していてたどりつきました。「勝手にホメオパシー診断」がとてもおもしろくて、私ももっとホメオパシーのこが知りたいと思いました。ホメオパシーの学校に入学しようか経済的に迷っているところだったのですが、さらに興味がわきました。(ちなみにホメオパシスとして活動はされていないんですか?)他の記事もとても文章が読みやすくいろんな情報ありの、感想ありの、勝手にjune_hに好感を持って読んでいました。韓国系の仕事に携わっているので、韓国・北朝鮮に関する記事もおもしろかったです。これからゆっくりまた読ませていただきます。突然のコメント失礼しました。^^
Commented by june_h at 2016-04-07 14:45
>あつこさん
はじめまして!コメントありがとうございます♪
私はホメオパスとしてというより、ホメオパシーの文献の翻訳およびセミナーをする活動をしています。
そちらに関しては、
http://ameblo.jp/kashinokidou
のブログを運営していますので、ぜひ参照してくださいね♪
私も韓国語を勉強したりしているので、非常に興味があるところです(^^)
Commented by あつこ at 2016-04-19 23:09 x
ご返信ありがとうございます!翻訳をされているのですね。セミナー?お話会?すごく面白そうです。アメブロも読ませていただきます☆
by june_h | 2012-12-18 13:18 | ホメオパシー | Trackback | Comments(3)