【ネタバレあり:アメリカ映画】ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!

アメリカのバレエコンクールの最高峰「ユース・アメリカ・グランプリ」。
その決勝に進んだ7人のバレエダンサーの生活を追ったドキュメンタリー映画。

プロのバレエダンサーになるには、小さい時からの鍛練、レッスンを続けるためのお金、そして、本人の熱意が必要。

高校生のレベッカは、このコンクールでバレエシアターのスカウトを狙っています。彼女の父親曰く「レベッカに費やしたお金は車2台分」だとか。
9歳のアランは、フランスのパリオペラ座のエトワール、マチュー・ガニオの父に「生涯に1、2度出会えるかどうかの逸材」と認められ、日々、レッスンに励んでいました。
12歳の日米ハーフのミコは、コーチと母親が付きっきりで指導。
9歳のイスラエル人のガヤは、コンテンポラリーを踊っているときは、大人のよう。

バレエダンサーにケガは付き物。
シエラレオネの戦災孤児で、アメリカ人の養子になったミケーラは、決勝直前にアキレス腱炎に。痛みをおして立派に踊りきったものの、残念ながら入賞を逃してしまいました。
家族の生活を支えるために奨学金獲得を目指していたコロンビア人のジョアンは、英国ロイヤルバレエのスカラーシップを獲得。映画館の客席から、拍手が起こりました!

ユース・アメリカ・グランプリは、ローザンヌのコンクールに比べて、お客さんが砕けた雰囲気だったのが印象的。

そういえば、ミコは、ローザンヌの本選に出場することになったとか!お母様、良かったですね♪
弟のジュールズは、とてもマイペースな性格で、バレエを辞めると言ってお母様を泣かせてしまっていたけれど(^^;彼の方が大物になるような(笑)。

海外のドキュメンタリー映画は、淡々としているものが多いのですが、この映画は、構成が工夫されていて、一つ一つのトピックがハッキリしているので、最後まで飽きることがありませんでした!あっという間です。
バレエがお好きな方は、楽しめますよ♪
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/17468769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ルナルナ at 2013-02-08 21:34 x
この映画、見たかったんだよね。でも上映時間が午後からで、子どもの帰るまでに見て帰れないから断念したの。この感想を読んだことで、自分も見たつもりになろう。
Commented by june_h at 2013-02-09 10:34
>ルナルナさま
それは残念!どこかで見られる機会があるといいね。
バレエをやってる子供の親御さん、とても大変だと、この映画を見ても思います(^^;
by june_h | 2012-12-20 13:06 | 映画 感想 | Trackback | Comments(2)