「子どもは親を選んで生まれてくる」 池川明 著 日本教文社

先日、池川先生の講演会に参加したので、久しぶりに著書を読みました。

子どもは親を選んで生まれてくる

池川 明 / 日本教文社


胎内記憶を研究する先生を「非科学的だ」と批判する人もいるようですが、人間の誕生は、科学では計りしれない神秘的なもの。
むしろ、科学で全て説明しようという方が傲慢というものでしょう。


先生は「生まれてくることの意味」についても言及されています。

あの世で、光の存在だった私達は、光をより強めるために、この世に修行にやってくる。
より強い光を放つために、波瀾万丈な人生を選ぶ人もいる。鏡を磨き上げるのには、曇らせてからでなければならないように…。

この本にはありませんが、先生が先日、おっしゃっていたことで、印象的だったことを書きます。

「今世で自分を傷つける人は、あの世では仲の良い魂なんですよ。「憎まれ役」を頼めるのは、よっぽど仲が良くないとできないんです。こう思ったら、イヤな人でも、許せるような気持ちになりませんか?」
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/17552478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2013-01-02 19:35 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)