「だんな様は霊能力者」 くみ 著 ダイヤモンド社

このブログが元になっている実話エッセイだそうです。
だんな様は超能力者
面白くって、一気に読みました。

だんな様は霊能力者

くみ / ダイヤモンド社


著者のくみさんのご主人は、かなり高レベルの霊能力者。
小さい時は、「妖怪」とばかり遊んでいて、人間とあまり話さなかったとか(^^;
空手の練習のために、自分の「分身」を出して、稽古の相手をしてもらったとか(^^;;;

マンガみたいな話ですが、ご主人は、そこいらにいる霊感持ちの人より、ずっと地に足が着いています。

「その力で宝くじ当てればイイのに」という質問には、
「そんなことに使ったら、やがて報いが自分に還ってくる」
とか。

彼は、自分の未来を予言しないそうです。
「今をきちんと生きていれば、その積み重ねが未来になる。それに、起こることは起こるし、起こらないことは起こらないから」
ですって。

彼の元には「どうやったら霊能力者になれますか?」という霊能力者志望者?がたくさん来るそうですが、
「霊能力者は、「なる」んじゃなくって「ならされる」のだ」
と答えるそうです。

この方、元々は、医者だったのですが、どうしようもなく霊能力が強くなってしまって、スピリチュアルカウンセラーのような仕事をしなければならなくなったんだとか。

とにかく、仰ることが常識的で、いちいち納得。
そういう意味で、この方は本物だと思います。

「霊能力者は、神様でも仏様でもない、ただの人間なんだよ」
この言葉にも納得です。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/18434467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2013-03-28 12:57 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)