河鍋暁斎の能・狂言画@三井記念美術館

多種多様な作品を残している暁斎ですが、今回のテーマは、能・狂言にちなんだ作品。
暁斎は、狂言を習っていて、免状も持っていたそうです。

そのためか、描かれている人物が、身体のどの部分に重心を置いているのか、身体をどのように動かしているのか、よくわかります。
見ている私も、その部分にチカラが入っちゃう(^^;

暁斎の絵は、「目で見る」というよりも「身体で見て」しまいます。

面白いのは『道成寺図(鐘の中)』。
能『道成寺』の、鐘の中の鬼女が、手鏡を見ながら身なりを整えている様子を描いています。
この場面を描いた絵は、数多くありますが、こんな切り口のものは、なかなかないでしょう(^^;

あと、不思議だったのは『東海道名所之内 御能拝見之図』。
能を見ている客達が、やたらと騒がしそう(^^;
歌舞伎ならともかく、能でこんなに盛り上がるかな!?・・・・・あ、退屈だから?

やっぱり、下絵に感動しますね。
能面なんて、表情はもちろん、線からイキイキしてますもん!

一つ一つ、何を描きたいのか、何にスポットを当てているのかがハッキリしています。

ミュージアムショップで、大好きな「美人観蛙戯図」のクリアファイルを購入しました。
この絵を見ていると、幸せな気持ちになるんです。
これを描いていたときの暁斎も、幸せな気持ちだったのかしらと想像してしまいます(^^)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/18717200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from K's Swee.. at 2013-05-09 12:18
タイトル : 日本橋三井記念美術館 河鍋暁斎の能・狂言画
場所が場所ゆえ、美術展を見終わったらいつものように、 三越でお買い物しましょう、とか、 千疋屋でパフェを食べましょう、とか、 場合によっちゃぁ銀座でも寄ろうかしら、などと、 俗な企みを持って出掛けました。ところが、  ー 千疋屋の パフェにも勝る 河鍋暁斎  usa子 ー                     見事な作品の数々に、とても感動しました。 たくさんのことを学んで吸収出来たあとは、大きな充足感...... more
Commented by oomimi_usako at 2013-05-09 12:25
うふふ~、私も見てまいりました!
とても感動いたしました。
ガラスに鼻紋たくさんつけてしまったかも(^^;)
TB頂戴いたします。
Commented by june_h at 2013-05-09 12:38
>usakoさま
いらっしゃいましたね!
本当に、素晴らしい作品ばかりでしたね♪
後期は、作品が入れ替わるそうです。
時間があったら、足を運ぶつもりです!
by june_h | 2013-05-08 12:27 | 美術展 展覧会 | Trackback(1) | Comments(2)