柿葺落五月大歌舞伎 第三部「梶原平三誉石切 鶴ヶ岡八幡社頭の場」@歌舞伎座

4月に続いて、5月も!
こけら落とし公演は、この五月第三部が本命です!

■梶原平三景時:中村吉右衛門
■六郎太夫:中村歌六
■大庭三郎景親:尾上菊五郎


以前観た時よりも、吉右衛門さんの表情がよく見えました。
でも、やっぱり話のスジに納得行かない。
納得いかないから、話が頭に全然入ってこない。
久しぶりに小山観翁さんのイヤホンガイドを聞いたけど、よくわからん(^^;

前に観た時みたいに
「梶原さんが最初から刀を買っていれば良かったのに」
って、思っちゃう(笑)。

幕間に母に訊くと
「刀を売りに来た人(六郎太夫)は、別の人(大庭)に買ってもらおうとしていたの!梶原さんは、刀の鑑定を頼まれただけなのに「私が買います」って言うのは、おかしいでしょ」

・・・・・なるほど。そういうことだったのか。

だったら、梶原さん、なんかずっこい!
やっぱり納得行かない!
この話、私に合わないのかな(^^;

今度は、ちゃんと通しで見たいです。
そうしたら、それぞれのキャラの関係性がわかって、もうちょっと納得できると思うの(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/18778867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from K's Swee.. at 2013-05-23 15:55
タイトル : 歌舞伎座 柿葺落五月大歌舞伎 第三部
三月の開場式の頃よりも、 四月の公演の時よりも、 今月の場内は、ずっと落ち着きを取り戻していました。 以前と違うのは、お越しの方の殆どが、きちんと身を整えてお出ましであること。 まだ学校帰りに、セーラー服姿で観劇に出かけていた頃が、ちょうどこのようで、 ご年配の方々の素敵な装いを拝見出来るのも、 歌舞伎観劇のお楽しみの一つだったことを、ふと、思い出しました。 今回は、花道すぐ脇のお席での観劇。 花道を行き来する役者さん方の息遣いや、翻るお袖から届く風を、 間近く感じられる場所...... more
Commented by oomimi_usako at 2013-05-17 10:53
今月もおはこびで~♪
そうなのですよね、やっぱり通しで見ないと。

日経の劇評でも、五月は第三部が本命!と書いてありました。
それを読みながら、ウッシッシ~(!)と数日後を楽しみにしているところです。
Commented by june_h at 2013-05-17 12:32
>usakoさま
梶原平三は、いつか通しで観てみたいものです。
そうですよね!五月は三部が本命ですよね♪
というより、私の本当の本命は「道成寺」。
レポができましたらアップします(^^)
by june_h | 2013-05-16 12:48 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback(1) | Comments(2)