「評価と贈与の経済学」 内田樹×岡田斗司夫FREEex 徳間書店

内田先生と、の評論家の岡田斗司夫さんの対談です。

評価と贈与の経済学 (徳間ポケット)

内田樹 / 徳間書店


岡田斗司夫さんというと、レコーディングダイエットのイメージしかない私(^^;
内田先生の対談本は、結構、読んできましたが、大抵は、当たり障りなく共通点で盛り上がったり、内田先生が一人で喋っていたり(笑)。
ここまでちゃんと相手と絡んでいるのは、珍しいと思いました。

岡田斗司夫さんは、内田先生に対してどんどん意見をぶつけていきますが、先生のファンだそうで、リスペクトを感じます。
内田先生も、岡田さんに「鋭い!」を連発していました。

若者が、なぜ失敗を恐れるのか?
岡田さんは「若者が社会システムに順応し過ぎているせい」だと言います。
今は、自分の行動が、ネットに記録されて永遠に残ってしまうわけで。
うっかり失敗しにくい世の中になっているというわけです。
なるほどなーと思いました。

岡田さんは、ユニークなシステムを持つ「FREEex」という会社を運用しています。
普通は、会社が社員達に賃金を払うものですが、FREEexでは、社員達が社長の岡田さんに給料を払います。
その代わり、岡田さんは、外部の仕事の講演料や原稿料は、受け取りません。
昔のパトロン制度の変形みたいなもののようです。

岡田さんの若者に対する分析や、これからの社会に必要な考え方など、目からウロコで、なかなか面白かったです(^^)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/18790945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2013-05-17 12:38 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)