「聞く力 心をひらく35のヒント」 阿川佐和子 著 文藝春秋

スッゴく売れているらしいですね!

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

阿川 佐和子 / 文藝春秋


阿川さんのトーク番組「サワコの時間」は、毎週見ています。
この本にも書いてありましたけど、テレビのトーク番組の場合、相づちの打ち方が難しいんですね!
相手の声にかぶっちゃうと、視聴者が聞きにくくなっちゃうし、だからと言って、相づちがあまりにないと、会話として不自然だし。
また、準備するのはもちろんですが、下準備し過ぎても、質問することばかりに追われてしまって会話が成り立たないし・・・・・。
ただ、喋っているように見えて、いっぱい考えなきゃいけないことはありますね!

阿川さんは、最初からインタビューが上手だったというわけではなく。
むしろ失敗ばかりで。
でも、失敗ごとに反省を積み重ねて、だんだん上手くなっていっているのがよくわかるくらい、失敗ばかり書いてあって(^^;
フフって笑っちゃう可愛らしいエピソードばかりで。
阿川さん、チャーミングだわあ♪

阿川さんは、若い頃、お見合いを何十回となさったのですが、結婚には結び付きませんでした。
独身でいらっしゃるのも、今のお仕事をなさっているのも、ご縁だと思いますが、
「お見合いの経験が、今の仕事に生きている」
なんて(^^;

人生、ムダなことなどありませんね!
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/19560044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oomimi_usako at 2013-08-29 16:25
おっしゃるとおり!
お見合いの経験は、仕事に生きます。
仕事の経験も、お見合いに生きます。
私もか~な~りの回数を経て、“殿”に行き当たりましたが、インタビュアーではなかったもののニーズを引き出したり伝えたりするお仕事だったこともあり、これは真なり!と大きな声で申せますv
Commented by june_h at 2013-08-30 12:26
>usakoさま
usakoさまはお見合いのご経験があるのですね!
私は、妹の姑から見合いを勧められたのですが、ややこしくなったら申し訳ないので、丁重にお断り申し上げました(^^;
社会勉強のためにも、やっておけばよかったのか…。
by june_h | 2013-08-29 12:44 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)