「輝かないがんばらない話を聞かない 働くオンナの処世術」 深澤真紀 著 日経BP社

深澤真紀さんによる、日経WOMAN Onlineの連載エッセイです。

働くオンナの処世術 ~輝かない がんばらない 話を聞かない~ (日経WOMAN選書)

深澤 真紀 / 日経BP社


下記からも読むことができます。
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20100222/105960/
会社の社長とか、トップセールスの営業マンのエッセイには、「頑張る方法」ばっかり書いてあって。
例えば、日本電産の永守重信さんの本には、「夜も日曜も働け」とか書いてあって(^^;
永守さん好きですけどね。

体力も欲望もあり余っている人なら、そういう生き方や方法はアリだと思いますが、心身がそんなに丈夫じゃない人には、ちょっと厳しいわけで。
深澤さんのエッセイには、一見、ネガティブな言葉ばかりに見えるけど、限られたエネルギーを上手に使う方法が書いてあります。

根底には、
「世の中も人間関係も思いどおりにならない」
「分をわきまえる」
という姿勢が見えます。

来る者は拒めず、去る者は追えず


は、名言です!

無理に「イイ人」にならなくていいし、自分の性格の悪さを100%オープンにすることもないし。
人間関係も日常も、ある程度、技術で乗り越えられるということですね。

それから、「愚行権(the right to do what is wrong)」ってイイなあって思いました。

「たとえ愚かでつむじ曲りで他の人から誤っていると評価・判断される行為であっても、個人の領域に関する限り邪魔されない自由のこと」
という権利らしいですが、私、行使しまくりですから(笑)。

ちなみに、深澤さんの本を読んでいると、自分と似た部分をいつも見つけてしまうのですが、この本には
「昆布だしは好きだけど、おでんの中の昆布はキライ」
と書いてあって。
「私も!」って叫びそうになりました(^^;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/19572843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2013-08-31 19:35 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)