勝手に伊藤祥平特集:JAM ADDICT ~TONKOTSU BROTHERS~森広隆/伊藤祥平

森広隆さんと伊藤祥平くんのジャムセッション。

伊藤祥平くんの歌は、Youtubeで予習していったんですが、ライブの方が絶対にイイ!
Youtubeで聴いた時は、ギターの音が繊細でシャープ、全体的にポップな感じの印象だったのです。

ステージに登場すると、思ったより背の高い人で、今ドキの若いモンになかなかいないような深い地声。

予想に反して、重厚感のあるグルーヴを作るギター。
歌うと、クリアーな声とハスキーな声が同時に飛んでくるから不思議。
シカオちゃんなんかは、高音だけかすれるけど、彼は全部の音域がそう。

後で、彼に直接
「ステキな声ですね」
って言ったら
「元々、どっちかっていうとハスキーなんです」
とのこと。

イイ意味で裏切られましたね(^^)

ギターと声が立派な個性で、なおかつ強力な武器。
でも、シングルでメインになっている曲だと、いろいろアレンジされて、他の楽器が入ってしまっているので、イマイチ彼のスゴさが伝わりにくいのです。
彼の魅力がわかるようなものないかなあ・・・・・と探していたら、弾き語りの動画がありましたよ!
※最初に広告あり。

あと、Youtubeで聴いていた時から、彼の音楽のバックグラウンドが気になったので、
「好きな歌手は誰?」
と聞いたら、私が知らない歌手だったので、わざわざフライヤーに書いてくれました♪
お手数おかけしました(^^;

彼の好きな&影響を受けたアーティストは、デイヴィッド・T・ウォーカー(David T. Walker)とルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)だそう。
彼のオフィシャルサイトのバイオグラフィーに、ちゃんと載ってました(^^;
あとエリック・クラプトンやラウル・ミドンも。

彼がギターを始めたきっかけは、塾の先生がクラプトン好きで、その先生からギターをもらったからだとライブで話していました。

そうそう。
彼のデビュー曲は、アニメ『バクマン』の主題歌「Dream of Life」です。

あと、久留米出身ということで、個人的には彼の久留米弁が聞きたい(笑)。
私には、北九州に親戚がいるから、福岡の言葉を話している伊藤くんが、なんとなくイメージできる。

あの声で
「お前んこと好いとうと/好かんちや」
とか
「これ、ウマいけん食べり」
とか言われると、萌えるんやろな(^^;;;

12月7日(土)に、渋谷で初めてのワンマンライブがあるそうです。
会場の渋谷7th FLOORは、彼のナマ歌とギターを間近で堪能するには、とてもイイ場所です!

実力はあるから、固定客がつかめるとイイですね(^^)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/19986716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2013-11-21 12:34 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)