その2:JAM ADDICT -CONDENSED GROOVE- 森広隆/スガシカオ

(つづき)

■Freaky Boogie(森、スガ、バンド)
ここで再び森くんとバンドメンバー登場!
シカオちゃんが
「ハーイ!マザーファッカー調子はどうだ? もう聞いたか」
って、この曲の出だしを歌った時、
「スゴい!シカオちゃんが森くんの歌を歌ってる!」
と、嬉し過ぎてトリハダ立ちました。
二人の対談で
「森くんの曲は譜割り(メロディに対する歌詞の乗り方)が難しい」
と言っていました。
確かに、二人は同じファンクでも、言葉の乗せ方が全然違います。二人とも、その特徴が際立っています。
ちなみに、森くんの歌は、譜割りが難しく、シカオちゃんの歌は、内容がキケンなので、どちらも鼻歌で歌うのが難しいです(^^;
でも、カッコいいから別にイイけど。

特筆すべきは、シカオちゃんのエレキギターソロ。
こんなにカッコよく弾けるなんて知らなかった!
「オレのワンマンライブでも、こんなに長いソロやらないよ。指、痺れちゃったよ!」
と、愚痴っておりました(^^;


■バクダンジュース(森、スガ、バンド)
今度は、森くんが2番の出だしを奪いました!
森くんもシカオちゃんの歌をよく知っているから、欲しいタイミングでちゃんと歌ってくれるんだよね(^^)


■黄金の月(森、スガ、バンド)
森くんが、シカオちゃんの曲の中で、最も好きだと言っていた曲。
私も一番好きさ(*^_^*)
CDのアレンジで、森くんがコーラス担当。
その日に光っていた月のように、本当に美しかったです。


■Trash(森、バンド)
ここでシカオちゃんは一旦退場。
森くんとバンドによるファンクタイム。
『Trash』は、シカオファンに自慢したい曲です。
複雑なリズムとメロディが生み出す独特なグルーヴ。
絶対、森くんにしか作れない曲!
特に、間奏で、バンドがテンポをどんどん上げていく時なんて、森くんってスゴいでしょ!って言いたくなりました(もちろんバンドの皆さんも!)。


■MY☆GIRL(森、バンド)
っていうか、肇ちゃんって、普段も髪の毛立ててるのね(^^;
ライブの時だけだと思ってた。
シカオちゃんも
「このバンドまともな髪形いないじゃん!」
だって(笑)。
ライブの後、髪切ったんだってね!
キーボード回しの時、肇ちゃん優しい♪って、いつも思います。
私は、キーボードに触れなかったけど、キーボードのコードがひっかからないように、コードだけ触りました(^^;


■CYCLONE(森、バンド)
森くんのファーストアルバム『並立概念』は、スゴくカッコいい曲ばかりなんだけど、歌詞聞いてると、森くんいろいろ苦しんでんだろうなって思っちゃうの。
金銭問題とか人間関係とかの卑近な悩みじゃなくて、もっと自分自身の存在理由とか、根源的なやつ。
解決方法は分からないけど、少しでも彼が苦しみから解放されたらイイなあと思ってた。
だから、次のアルバムの『CYCLONE』で、
「何もない くだらない 世界とはもう思わない」
って歌詞が出て来た時、ホッとしました。
とりあえず、現世にとっかかりができて良かったねって(^^;
それはさておき、『Trash』とか『CYCLONE』とか、昔の曲でアゲアゲでございました!


(その3につづく)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/20088924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2013-12-11 12:26 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)