Love A sense presents『Fes Essence 2013 X day』@西川口Hearts

Love A sense(ラブエッセンス。略してラブエス)というバンドが毎年開いているクリスマスイベント。
森くんがゲスト出演するということで、足を運びました。

常連さん達は、客席に入ったとたん、ミニスカサンタのコスプレ姿に(^^;
5分の2くらいいたので、結構な割合。
中には、ナマ足だったり、毛糸のパンツ丸見えの女の子も(^^;
・・・・・お姉さんは、目のやり場に困りましたよ(笑)。
直前まで、着物姿の御婦人方に囲まれて歌舞伎を見ていたので、なんたるギャップでしょう。

アーティストさんが何組か出演していましたが、森くん出演部分のみ、とりあえず書きます。


<オープニングアクト>
■ライオン(森広隆Vo&G、Coro Per、ヨシナオG)
まさかのいきなり、森くんがセンターに立って歌い出しました・・・・・しかも、トナカイの被りモノをして(^^;
そして、主宰のラブエスのメンバーを従えて。
被りモノのせいで、森くんは、ほとんど音が聞こえなかったらしい(^^;

曲は、アニメ『マクロスF』のオープニングテーマソング。
森くんも好きな、菅野よう子の曲だよね。
菅野よう子のスゴい所は、どんなジャンルの曲を作っても「菅野よう子っぽさ」をちゃんと感じるってこと。
私の妹が坂本真綾のファンなので、菅野よう子の曲は、私もよく聞きます。

歌の後、森くんは、なぜだかフライドチキンを食べさせられるパフォーマンスをさせられて。
「(トナカイだから)草食なんで遠慮します」
って断ったのにね(^^;


<森広隆 本編>
■RAINBOW SEEKER(森 弾き語り)
■Heaven(森 弾き語り)
■おいしいパン(森&ラブエス)
■ゼロ地点(森&ラブエス)
■Funk Redemption(森&ラブエス)
■いいんです(森 弾き語り)

ラストのラブエスを残して、エレアコ1本で登場。
直前が、金爆や氣志團バリのパフォーマンスをしたHIDEKING projectだったので、ギャップがスゴい・・・・・でも、こっちの方が好き(^^)

元々、森くんがラブエスのギターのヨシナオさんと仲良しで。
ラブエスが、来年の3月に解散してしまうので、その前に一緒にセッションしたいって、ヨシナオさんが森くんに声をかけたらしい。
それで、ラブエスの3ピースのメンバーと森くんで、3曲をセッション。
ヨシナオさんは、
「森さんと勝手にJAM ADDICTだ!」
って喜んでいました(^^)

ラブエスの曲はロック(8ビート)なので、ファンク(16ビート)がベースの森くんの曲をサポートするのは、リズムの取り方とか全然違うから、大変だったって思うのです。
レコーディングとか、解散ライブの準備とか、忙しい合間に練習したんだろうなぁと想像すると、スゴくありがたくなっちゃいました。
後でベースのサトルさんに
「ベースのリフめっちゃカッコ良かったですよ!」
って話したら、
「僕なんかで良かったのかなって感じです」
って恐縮されていましたけど、音のこと言ってくれて嬉しいって、喜んでいました。

・・・・・そんな彼の態度を見て、ふと思ったのです。
サトルさんは、フツーにイケメンだから、ルックスは褒められても、ベースを褒められることってあんまり無いのかな?って。
そういう意味では、イケメンって損なのか!
オープニングアクトでも、ミニスカサンタの衣装で登場して、客席の女性の誰よりもキレイでセクシーだったですしね(笑)。


<アンコール>
■ソラ(出演者全員)
最後に、出演者全員が登場して、ラブエスの曲を熱唱。
もちろん森くんも。


対バンのイベントの中では、かなり当たりでした。
これも、ラブエスさんとラブエスのファンの皆さんが、毎年、回を重ねて良い雰囲気を作り上げてくれたおかげですね!

ラブエスのファンの方々、温かかったです。
解散するのが本当に惜しい!

ひどい対バンでは、お目当てのバンド以外は、無駄話したり、耳ふさいだりして、全然聞こうとしない人もいるんです・・・・・。
でも、ラブエスのファンの方々、他のバンドの出番でも、ちゃんとノッていましたよ!
お人形さんみたいにカワイイ、ミニスカサンタの女の子がいたので、ナンパした声をかけたら、ラブエスのこと、優しくいろいろ教えてくれました。
その女の子にも感謝です!

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/20156588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2013-12-27 21:13 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)