森広隆以外のバンドについて概要:Love A sense presents『Fes Essence 2013 X day』

Love A sense(ラブエッセンス。略してラブエス)というバンドが毎年開いているクリスマスイベント。

前回、森くん出演部分のみ書きましたが、今回は、他のアーティストさんについても簡単にご紹介します。


■Love A sense他(オープニングアクト)
森くんとラブエスメンバーが、トナカイの被りモノでいきなり登場した後、ベースのサトルさんがロン毛のカツラとミニスカサンタの姿で乱入(^^;
そんでもって、GLAYの『Winter, again』を熱唱。
まるでカラオケのようなノリ(笑)。
サトルさん、楽器を片付けながら自分の姿に「気持ちわりぃ〜」と呟いていて、ウケました(^^;

そして、ラブエスのボーカルの結さんが、『進撃の巨人』のアルミン?のコスプレで登場!
ラブエスさんのサービス精神がスゴい(^^;

特筆すべきは、その後に登場したギタリストの熊本克哉(カツヤ、カッチャンと呼ばれているらしい)さん。森山未來に似てる。
元、Spyralcallというバンドのメンバーだったそうですか、『パッヘルベルのカノン』からのエレキギターソロがメチャうま!
ハードロックやヘヴィメタに影響を受けていて、いろんなアーティストのサポートもしているみたい。
納得!


■marco
男性ソロかな?
キーボードの女性はサポートメンバーみたい。
関西弁で、ぱっと見、若いんだかトシなんだかわかんない。年齢不詳。
名前をハッキリ言わないから、近くの女の子に誰だか聞いちゃいました(^^;


■GLASS TOP
基本は、キーボードとボーカルのユニットなのかな。
ギターとかドラムとか、サポートメンバーが4人。
キーボードの男性のインパクトが強過ぎて(笑)・・・・・ずっとガン見しちゃいました(^^;
以下、ボーカルの方の話。
ウチは、クリスマスの時期になると毎年、養護施設から子供がショートステイに来ていた。
ひどく生意気な少年がいてスゴく困ったけど、最後の日に、彼は顔をクチャクチャにして泣きながら「ありがとうございました」って、初めて敬語を使って頭を下げたんだ。
僕は小さかったから、彼の行動がよく理解できなかった。
でも、大人になって、一人暮らしをしたら、彼のことがなんとなくわかったような気がした。
そして、自分は幸せだったんだって気づいた。
彼のことを考えて作ったという、オリジナルのクリスマスソングを歌ってくれました。
貴重な体験をしましたね(^^)


HIDEKING project
楽器を持っていないパフォーマーが二人いる。
ゴールデンボンバーや氣志團みたいな雰囲気。
でも、衣装はアイドルっぽい。
そして、ボーカルが鼻にかかった声で歌う。
パフォーマンスがよく練られていて、お客さんもノリノリ。
売れる気マンマンな感じでイイぞ!

ボーカルのHIDEKIさんも、熊本克哉さんと同じく、元Spyralcallのメンバー。
路線が全然違うぞ・・・・・。


[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/20158895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2013-12-28 13:13 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)