「パンダ飼育係」 阿部展子 著 角川書店

著者の阿部さんは、上野動物園のパンダの飼育員。
彼女の行動力がスゴいです。

パンダ飼育係 (単行本)

阿部 展子/角川書店

undefined

阿部さんは、とにかくパンダが大好き!
パンダに関わる仕事をしたいと考え、まず、大学で中国語を専攻。
その間、中国に語学留学して、四川省にあるパンダ基地を旅行。
パンダに関する情報を積極的に集めました。

大学卒業後、今度は、本格的にパンダの飼育員を目指すために、四川農業大学に入学。
彼女は、四川農業大学初の外国人入学者でした。
四川省は、訛りが強く、中国語学習には向かないため、元々、留学生が少ないんだそうです。
そのため、周囲の学生は、
「どうして四川に来たの?」
と阿部さんに興味津々。

「パンダが好きだから」
と答えると、
「理解できない」
「パンダがそんなに好きなんて変態だ!」
と言われたとか(^^;

地元の人達は、パンダはどうでもイイようです。
観光地に住んでいる人が名所に行かないのと同じかな。

また、初めての外国人ということで、大学側もカリキュラムや住居など、いろいろ親切に配慮してくれたそうです。
在学中に、四川大地震に遭遇しましたが、その時もいろいろ助けてくれたんだとか。

卒業後、成都のパンダ基地で働いた後、帰国して上野動物園で働くことに。

パンダは竹を食べますが、体の構造上は肉食動物。
竹の繊維で腸内を傷つけないように、粘液腺が発達して、便が粘液で包まれているんだそうな。
パンダって、「草食動物」じゃなくて「ベジタリアン」だったんですね(^^;

とにかく、彼女の
「パンダが好き!」
な気持ちが溢れている本。
パンダの写真もたくさんあります♪
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/20266528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-01-23 12:04 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)