真田暎人さん&タキザワユキヒトさん:annex light a music 森広隆×真田暎人

森くん以外で出演なさっていた、真田暎人さんとタキザワユキヒトさんのお二人について語ってみます。


■タキザワユキヒト
オープニングアクトのアーティスト。
とにかく印象的だったのは、整数次倍音の強い声。
低い!深い!色っぽい!
出番が終わった後、客席の後ろの方にいましたが、声が目立つんですよね。強力な個性じゃないですか。

そして、ギターも上手い。
なかなか聞けないセブンスコードが聞けて良かった!

歌詞も、空想なのか実体験なのか、いろいろ想像させられて面白いし。
歌詞にやたら「花」が出てくるのが気になりましたが(春だからか)。

(エロという意味じゃなくて)自身の素材として持っている声なんかの「色気」を追求する路線でいいと思う。
あとは、うまく固定ファンがつくとイイですね!




■真田暎人
この方は、歌にギターを乗せるタイプなのかな。歌に合わせてテンポとかが変化していくの。
ヘンな話、歌っているのはポップス?だけど、聴いていて連想したのが、浪曲とか、韓国のパンソリなの(笑)。
私の頭の引き出しから出てきた例えは、適切ではないだろうけど・・・・・。

大阪の方なんですね!
ボケた後、お客さんに突っ込まれないと、なんとなく不安になるのは「正しい関西人」です(笑)。

MCで
「女子会って、どういう話するん?」
と、お客さんに質問。
要するに、恋バナとかするの?っていう疑問なんだと思うけど。
男性同士だと、一緒に飲んでも、仕事の話が多いんだそうな。

女子会はねー。
もちろん、恋バナもするけど、えげつない話もするよ(笑)。
男性がその場で聞いてたら、泣いちゃうくらいのね(^^;

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/20595437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-04-19 12:18 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)