三谷幸喜 作・演出「君となら」@渋谷パルコ劇場

開演前、客席に流れていたのは、中森明菜、プリンセス・プリンセス、米米CLUBなど、80年代のヒット曲。
つまり、これから始まる芝居は、携帯電話はまだなく、コードレス家電はデカく、ポケベルはまだ出始めの世界。

「ちょっと昔」の物語って、なかなか難しいですよね。言葉遣いとか。
「ウザい」より「うざったい」の方が、一般的だった時代だろうし。

よくありがちな、2階建て日本家屋に住む家族。
20代の長女が、婚約者の男性を連れてやって来た。
なんと、その男性は70代!

その男性を「娘の婚約者の父親」だと、勝手に家族が勘違いしたことから、延々続いていく噛み合わない会話。
まるで、アンジャッシュのコントのようで、ずっと笑いっぱなし(^^;

三谷さんの前の芝居「抜目のない未亡人」でも、老人が若い女性に求婚する話が出てきました。

・・・・・もしかして三谷さん、自分の再婚と重ね合わせてる!?
三谷さんは、50代で19歳年下の女性と結婚したわけですが、三谷さんの「体感的」には、70代で20代の女性と結婚したようなものなのか!?と、妄想してみたりして(^^;

イモトアヤコが、そのまんまのキャラで、かなり頑張っていました!
出身校の文教大学の学長や、同じゼミの友達からお花が届いていて、微笑ましかったです。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21007763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-08-15 12:51 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)