「ニセモノはなぜ、人を騙すのか?」 中島誠之助 著 角川書店

テレビ東京のバラエティ番組『開運!なんでも鑑定団』でお馴染みの鑑定師 中島誠之助さんの本。

ニセモノはなぜ、人を騙すのか? (角川oneテーマ21 C 135)

中島 誠之助 / 角川書店


本のタイトルは
「ニセモノはなぜ、人を騙すのか?」
ですが、モノが人を騙すわけではなく、人が勝手に騙されるんですよね(^^;

古美術商は、本物だけを扱っていたら儲からないそうです。
流通自体が少ないですし、利鞘も薄いですから。
ニセモノを混ぜて高く売り、利鞘を稼ぐのです。

騙される心理として、「安く買って儲けよう」という欲望とか、「自分の審美眼は高いはず」というプライドとかがあります。
中途半端な知識とお金を持っている人が騙されやすく、古美術商にとっては「良いカモ」なのだそうです。

中島さんは、番組で焼き物を鑑定するときは、ためつすがめつ眺めたり、底をひっくり返して印を確認したりしています。
でも、これは、半分パフォーマンス。
本当は、遠目で見て既に、真贋がわかっているんだそうです。

番組に出るようになってから、個人的に鑑定を依頼してくる人が増えたようですが、中島さんは、こういう依頼は絶対、受けません。
普通、美術品の売買では、売値は言いますが、鑑定額そのものが明かされることは、ありません。
それに、鑑定してもらうということは、中島さんのプロとしての知識と経験を使うわけですから、サラっとタダでというわけにはいかないと思います。

私もホメオパシーのレメディを選ぶことはできるんですけど、お茶とかしてて
「私に合うレメディ選んで!」
「片頭痛で悩んでるんだけど、どれ飲んだらいい?」
って、唐突に言われても、なかなか難しい(^^;
ちゃんと、時間をかけてコンサルテーションしないと、正確に選ぶことは難しいですし・・・・・。
なので、プロには、安易に頼みごとをしないし、お願いするときは、きちんと対価を払うようにしています。
あ、話が逸れてしまいました(^^;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21019325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oomimi_usako at 2014-08-19 23:59
なるほどなるほど。
そういえば、私も、
「美味しいおすすめの日本酒教えて~」
と唐突にいわれると、回答にすごく困ります。
…あっ、話、逸れ過ぎてしまいました…
Commented by june_h at 2014-08-21 12:23
>usakoさま
usakoさまならきっと、その人の好みやTPO、お料理を詳しくリサーチしたうえで、
最善の日本酒を紹介してくださると思いますので、
それなりに時間がかかるかと!
私もぜひ、コンサルしてほしいです♪
by june_h | 2014-08-19 13:08 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)