千ヶ崎学&村石雅行編:三浦拓也トリオ&森広隆「HOW TO OF ANARCHISM」@渋谷TSUTAYA O-nest

森くんのバンドの方々もスゴい!

まずは、ベースの千ヶ崎学さん。

キリンジのメンバーで、バンドの真ん中にいらっしゃると「イイお父さん」って言いたくなるような安心感があります(^^)
実際、娘さんのパパさんなんですよね。

ベースもカッコ良くて、上からバンバン飛んでくるような感じ!

去年のLove A senseとのセッションとか、最近、紺ちゃん(紺野光広)以外のベースを聴く機会があって、気づいたことがあります。

紺ちゃん、こんなに複雑なベースを、涼しい顔でやってたんだ。
森くんのグルーヴを、黙々と支えていたんだなあ・・・・・。

別に、紺ちゃん以外のベースの方が下手だと言っているわけではありません(^^;
そもそも森くんの曲って、上手い人じゃなきゃ弾けないんですから。

いつもと違う人だから、ベースが目立って聞こえたんです。
だから、今度の森くんのワンマンライブでは、紺ちゃんのベースを、よく聞こうと思いました。

こちらは、キリンジではありませんが、千ヶ崎さんが真ん中で心地よいベースを弾いてます。



そして、ドラムの村石雅行さん。

先日のフジテレビの『FNSうたの夏まつり』では、ライブで4時間、ドラム叩きっぱなし!
ジャンルもテンポも違う曲を、次から次へと「さばいて」いく姿が、何度もカメラに写っていました。
森君のライブでも、『コーラナッツウイルス』みたいな、めちゃめちゃアップテンポの曲なんて、ドラムさばきに見とれちゃいます(*^^*)

そして、?歳とは思えないプロポーション!
村石さんに、追っかけがいる理由がわかりますねー(^^)

村石さんカッコいい!


村石さんは、10/12の森広隆ワンマンライブでも、ぞんぶんにドラムを叩いてくれるでしょう!!
めっちゃ楽しみ♪
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21188539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-10-08 12:27 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)