Go!Go! GUITAR 12月号 森広隆による「プロ直伝カッティング講座」

森くんがギター雑誌で、カッティングのテクニックを披露しています。

Go ! Go ! GUITAR (ギター) 2014年 12月号

ヤマハミュージックメディア / ヤマハミュージックメディア


動画もあります。

初めて聴いた時から、森くんのカッティングのテクニックは抜群だったし、ずっとカッコいいですから(*^^*)

ギターとは無縁な私は、ギター譜など読めるわけはなく。
森くんの写真や動画を見て、
「おおっ!指と爪の形が私と同じだっ!!」
くらいの感想しか、思い浮かばないのが情けないのです(^^;

森くんは、雑誌で、こんなふうに語っています。

「目的は、弾けるようになるなるだけじゃなくて、グルーヴを楽しむこと。
他の人の演奏やメトロノームに自分がノッて、それに合わせて自然と手が動いて、
自分の音が周りと一体になって心地よく響くように。
・・・・・(中略)・・・・・グルーヴっていうのは説明が難しいんだけど、
生き物はみんな「気持ちいいリズム」というのを持っているから、
それを表現するってことなんじゃないかなと。
自然界の波とか風、人間にも心臓や呼吸があるけど、
そのリズムは全部心地よく循環していて、そういうのがグルーヴのもとになっているんだと思うんです。」


森くん、ライブの時に、スゴく心地良さそうにしている時があって。
そんな時、森くんは、きっと、グルーヴを体で感じて「ノッて」いるんですね。
自分が心地よいグルーヴでないと、お客さんも心地よくなれないのだと考えているのでしょう。

カッティングといえば、「カッティング」は和製英語なんだそうですね。
実際、英語では、なんて言うんでしょう・・・・・未だに謎(^^;

雑誌には、森広隆イチオシ「カッティング名盤3選」と題して、カッティングがカッコいいアーティストのCDも紹介されています!
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21340803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-11-27 12:15 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)