「男性論 ECCE HOMO」 ヤマザキマリ 著 文藝春秋

『テルマエ・ロマエ』の作者ヤマザキマリさんによるエッセイ。
ヤマザキさんの生い立ち、歴史上の好きな男性、今の日本に対する提言などなど書かれています。

男性論 ECCE HOMO

ヤマザキマリ / 文藝春秋


ヤマザキさんは、イタリアで美術を学び、イタリア人と結婚しています。
そして、古代ローマやルネサンス時代に関する著作物があります。

同じような女性だと、私は塩野七生さんを連想します。

塩野さんが考える「イイ男」は、カエサルとか、マキアヴェッリとか、稀代の英雄や一流の政治家というイメージ。
対して、ヤマザキさんが挙げたのは、ローマ皇帝ハドリアヌスや、博物学者プリニウス。
好奇心の赴くままに、なんでも貪欲に探究し、寛容で教養深い男性達ばかり。
ヤマザキさんに似ていますよね!

それから、ルネサンス時代の画家ラファエロ。
過労死したという説もあるくらい、仕事の注文が殺到していたそうです。
きっと、漫画の締め切りに追われているヤマザキさん自身の境遇と、重なるものがあるのでしょう(^^;

『テルマエ・ロマエ』は、古代ローマ人のルシウスが、現代日本にタイムスリップして、日本の風呂文化を持ち帰るストーリー。
「日本礼賛漫画」と言われたそうですが、彼女が描きたかったのは、むしろ、古代ローマ人の合理性と寛容さ。
古代ローマは、領土を拡大していく過程で、征服した異民族の文化や言語を取り上げることなく、良いものは積極的に取り入れたんですよね。
属州出身のローマ皇帝も数多くいましたし。
こういう寛容さがローマの活力を支えていたんですね!

『テルマエ・ロマエ』の映画がヒットした時、「原作使用料は100万円」と発言したことで、物議を醸したヤマザキさん。
契約社会の海外暮らしが長かったヤマザキさんは、暗黙の了解が多い日本的な契約の慣習に、違和感を覚えることが多かったのだとか。

「日本の常識は世界の非常識」ってパターン多いですよね(^^;
今は「クールジャパン」とかで、日本礼賛コンテンツが大流行りですが、海外から見ると「過剰」「幼稚」と思われる文化や習慣もあったりして。
ヤマザキさんを始めとした海外在住の方々の意見を聞いていると、独り善がりになっていないかと心配です(^^;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21377287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by REI at 2015-02-15 07:45 x
ここ数年(?)こちらで開かれているジャパン祭り、去年はゆるキャラが来てました…ふなっしーだったかな?和食とか着物とか(飽きるけど)はいいけど、こういう幼児文化はさすがにうけませんね。日本人以外には視界に入ってなかったと思います。
Commented by june_h at 2015-02-15 12:11
>REIさま
そうなんですよねー。
「カワイイ」は、日本人が言うほど、あちらの人は関心ないですよね。
日本のアニメが好きな欧米人って、メインストリームの人達じゃなくて、オタクっぽい人たちだしなぁ・・・・・。
by june_h | 2014-12-09 13:40 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)