「死ぬってどういうことですか?今を生きるための9の対論」 瀬戸内寂聴×堀江貴文 角川学芸出版

二人とも、世間体を考えてごまかすようなことはしないし、相手の意見に合わせることもしないので面白いです(^^;
この対談、ひたすら寂聴さんが面白かった!
年を重ねてきたからか、失うものが無いというか(笑)。

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)

堀江貴文 瀬戸内寂聴 / KADOKAWA/角川学芸出版


寂聴さん、見ず知らずの人に臓器提供したくないって文句言ってたら、年齢制限超えてて誰にもできないってわかって良かった!だって(笑)。

あと、堀江さんに
「誰かが死にたいと言ったら、死んでもいいって言えますか?」
と、訊かれた時
「出家者の立場からは言えないけど、この人は死んだ方がイイと思ったことはあります」
という答えで、堀江さん爆笑(^^;

堀江さんが獄中にいた時、面会に行ったという寂聴さん。
寂聴さんは、昔から投獄者と縁があって、冤罪事件の被告の支援活動をしていたんですよね。

これで思い出したのは、
「寂聴さんの前世は、室町幕府に追われた、南朝の長慶天皇の寵姫だった」
という美輪明宏さんの言葉(『ぴんぽんぱん ふたり話』より)。
寂聴さんの魂は、時の権力に踏みにじられた人達を慰める役割を持っているのでしょう。

堀江さん、Twitterでも対談でもなんでも常に、検察のことに言及しています。
検察のシステムは、容易に冤罪が作られるようになっている、特高以来、変わっていないんじゃないか、とか。

そして、ネットの悪口について。
「悪口って、言ってる側は実はそんなに真剣に言ってない」
という堀江さんの言葉に納得。

テーマや相手について、真剣に考えていれば、おいそれと批判なんてできないと思うのです。
知れば知るほど、善悪白黒ハッキリ言えないって、わかってきますからね。

あと、いつも不思議に思うのですが、堀江さんからは「自分はどうせモテない」っていう思考を感じます(笑)。
モテる男性の思考回路ではありません。
お金持ちで、女性もたくさん寄ってくるでしょうに。

寂聴さん、この対談のために京都から日帰りだったそうで。お元気ですね(^^;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21535792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-02-06 14:31 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)