前編:mellow tones 3rd tour 森広隆×宮川剛@横浜 O-SITE

意外や意外。
森君、こんなに長くやっていて、横浜ワンマンは今回が初めてだったそう(^^;
私、昔、横浜に住んでいたので、横浜のインストアライブには、よく行ってましたけど。

久しぶりに横浜駅に降りたら、昔と全然違ってて迷子になりそうでした(^^;


<セットリスト(前半)>
1 雨は止まない(森弾き語り)
2 愛のBeat(以降、森&宮川)
3 Avalanche
4 風の卵と眠る太陽
5 憂鬱
6 2D STAR
7 Invisible Chain(仮)


いつもは宮川さん、ラテンっぽい?衣装ですが、この日は、ラフな格好。
「森君の部屋でライブ」という、mellow tonesのコンセプトに合わせてきたのでしょうか!?
部屋着っぽい男性って、なんだか萌えますね(笑)。
宮川さんのドラム、森君とも益々、息が合って、ディテールの部分がしっかりしてきたように思います。

では、森&宮川語録でレポします!


■大食いなんですね(by宮川)
mellow tonesでは、ステージで、いつもナスカちゃん(のぬいぐるみ)が見守っているのだけど、開演前に、なぜだか「落っこちて」しまって。
もしや、家で留守番しているナスカちゃんに何かあったのでは!?と、急に心配になる森君。
しかも、ナスカちゃん、鳴かなくなっちゃって。
森君曰く
「おなかがすいちゃってるみたい(つまり電池切れ)」
ナスカちゃんの「ご飯」は、単2電池×6本なんですって!
で、冒頭の宮川さんのセリフ(笑)。


■最近は古いSF小説読んでる(by森)
ジョージ・オーウェルの『1984』なんかを読んでいるという森君。
この小説が出版されたのは、1949年。
SF小説で書かれている数十年先の未来は、実際なってみても必ずしも実現しているわけではないよね。
エヴァンゲリオンだと、2015年なら、もうすぐ使徒が襲来するし。
アポロ11号が月に行ったのは1969年だったけど、21世紀になっても、あれから一度も月に行ってないなんてオチ、当時の人は考えてもいないよね・・・・・と森君。
SF小説って、未来のことを描いているようで、実際は、当時の世相の反映だったり、政治や環境問題に対する遠回しな批判だったりしますからね。

私自身は、SF小説が苦手です。
なぜなら、カタカナいっぱい出てくるから(笑)。


■2DのSTARに出会ったという歌(by森)
『2D STAR』の歌詞について、森君解説。
2Dは、二次元のことで、ファンタジーとか、萌え的なものとか。
宗教のシンボルって、フィギュアみたいなものじゃないかと。
現実世界だと、無償の愛ってなかなか見つからないけど・・・・・と森君。

宗教のアイコンは、確かにそういう要素もあるかもね。
だって、どちらもIDOL(偶像)なんだから。
この曲の間奏で森君が弾いているフレーズはベースだよね。
4月のバンドワンマンで、紺ちゃんが弾くのを早く聴きたいわあ♪


■Invisible Chainのタイトルに(仮)が付いた(by森)
Invisible Chainの歌詞を大幅に書き直しているので、正式タイトルではなく、(仮)が付いたそうです(笑)。
「最近の曲の歌詞って、なんか似てるなぁ」
と森君。
それもイイんじゃないかな。
コンセプチュアルなアルバムになるからね!きっと。


(後編に続く)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21622058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-03-11 12:20 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)