その1:森広隆ワンマンライブ「Galactic Funk Beats」@東京キネマ倶楽部

今回のライブ会場の最寄りは鶯谷駅。
山手線と京浜東北線のダイヤが乱れていて、遅れそうになった方々もいらっしゃったようですが、開場も開演も15分押しだったので、なんとか間に合ったのではないでしょうか(^^;

私は、元々、日比谷線入谷駅から向かう予定だったので、影響ありませんでしたが、思いのほか早く着いてしまったので、入谷鬼子母神に立ち寄らせていただきました。
そう、あの「恐れ入谷の鬼子母神」の語源でございます。
d0108969_00493856.jpg
客電が落ちて、ステージ下手の階段から降りて来たのは、もちろん、今日の主役の森くん!
キネマ倶楽部は元キャバレーなので、珍しい造りになっているのです。


<セットリスト>
1. ひとりじゃないさ(森 弾き語り)
2. Freaky Boogie(以下 森、高田、紺野)
3. 悪魔の提言
4. ゼロ地点
5. Invisible Chain(仮)
6. Neophilia
7. Waterdrops
8. Funk Redemption(以下 森、高田、紺野、河内)
9. Lovely Days
10. 憂鬱
11. Avalanche
12. 密室
13. 2D STAR
14. やっぱり猫にお熱なんです
15. おいしいパン
16. MY☆GIRL
17. CYCLONE
18. 愛のBeat

<アンコール>
19. 英雄の誕生(森、町田、紺野、河内)
20. 交差点(森 弾き語り)

森広隆:Gt.&Vo.
高田真:Drs.
紺野光広:B.
河内肇:Key.



まずは、弾き語りで『ひとりじゃないさ』。
最初の弾き語りは『愛のBeat』か『いいんです』のパターンが多かったので珍しい!

この後、バンドメンバーが登場。
森くんの後ろに立っているのは、見慣れないベーシスト・・・・・紺ちゃん!?
いつもは、ニット帽をかぶっているのだけど、サラサラショートヘア。
後で、森くんに突っ込まれて、
春物です
って答えてましたけど(^^;
紺ちゃんは、モトがイイのでステキです♪
ショートヘアになったらなったで、今度は、ニット帽だった時の中身も気になりました(^^;

いきなり序盤で『ゼロ地点』。
客席はアゲアゲ!

やっぱり、森くんの曲は、スリーピースでないと、全貌がわからないわけで。
バンドで聴けるってだけでニマニマしてしまって楽しい(≧∇≦)
そして、森くんのエレキギターもどんどんレベルアップしています。

いつもは私、欲張って、なるべく前の方に行くのです。
でも、この日は初めて、後ろの方で聴きました。
気づいちゃいました。

こんなに音がイイんだ!

前の方だと、間近で見られるのは嬉しいのですが、アンプが近すぎて耳がおかしくなったり、ボーカルがあまり聞こえなかったりすることもありました(^^;

でも、後ろは、音のバランスがイイ!
当たり前のことですが、今まで知らなかったなんて、もったいなかったかも。
そして、男性が多いことにも気付きました。
森くんの音楽のファンは、プロアマ問わず、音楽やってる人が多いですよね!
これからは、整理番号が悪くても、落ち込むことは全然ないってことですね(^^;

バンドで3曲、終わったところでMCタイム。
森くんが
「この前、サミットに行って・・・・・」
と、話し始めたので、何のサミット!?とか思ったら、スーパーの「サミット」でした(^^;
で、深夜のサミットに行ってバナナを買おうとしたら、プリキュアのシールが貼ってあるバナナしかなくて、40歳にもなろうという男性が、レジに持っていくのが恥ずかしかったという。

私には、全然、恥ずかしいと思えなかったので、後で、妹の旦那(森くんと同じ年頃)に訊いてみたけど、やっぱり恥ずかしくないとのこと。

結論。
もし、本当のプリキュアマニアだったら、まとめ買いするから大丈夫だと思います(笑)。

ここで森くんが、サミットで流れているBGMをギターで弾き始めました。
すると、ドラムの高田さんもベースの紺ちゃんも森くんに追随。
BGMを知っている人によると、完コピだったようですね!森くんバンド恐るべし!!
ちなみに、サミットのテーマソングは、こちらです。


(その2につづく)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21734940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-04-24 12:24 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)