その2:森広隆ワンマンライブ「Galactic Funk Beats」@東京キネマ倶楽部

今回、特に楽しみにしていたのは、新曲のバンドアレンジ。特に、紺ちゃんのベース。

<セットリスト>
1. ひとりじゃないさ(森 弾き語り)
2. Freaky Boogie(以下 森、高田、紺野)
3. 悪魔の提言
4. ゼロ地点
5. Invisible Chain(仮)
6. Neophilia
7. Waterdrops
8. Funk Redemption(以下 森、高田、紺野、河内)
9. Lovely Days
10. 憂鬱
11. Avalanche
12. 密室
13. 2D STAR
14. やっぱり猫にお熱なんです
15. おいしいパン
16. MY☆GIRL
17. CYCLONE
18. 愛のBeat

<アンコール>
19. 英雄の誕生(森、町田、紺野、河内)
20. 交差点(森 弾き語り)

森広隆:Gt.&Vo.
高田真:Drs.
紺野光広:B.
河内肇:Key.



Invisible Chain(仮)』は、ワーッと曲の隙間を埋めるようなベース。
しっかりベースで支えてくれるので、曲に厚みが出る印象でした。

2D STAR』は、森くんがエレガットで弾き語る時、間奏でベースソロのフレーズを弾いていたので、ずーっと気になっていました。
紺ちゃんのベースで聴いたらば予想以上!
いつも森くんが弾いていたフレーズの後は、スラップなんですね!へー。
とにかく、やっと聴けて良かった♪
早く次聴きたい!アルバム早く欲しい!

今回のライブでは、入場者全員に、『MOTTAINAI ANTHOLOGY Vol.2』のCDが配られました。
やっぱり猫にお熱なんです』と『Lovely Days』のデモ音源ですが、森くんのデモ音源は、ほぼほぼ完成形なので、「これがデモ!?」っていうくらい驚いちゃうんですよね。
Lovely Days』の終わりの終わりには、よくよく聞くと、鈴虫の鳴き声が入っているのだと森くん。
当時、住んでいた家が公園の近くだったからだそう♪

で、このCDには一枚一枚、森くん自らが押した「MOTTAINAI ANTHOLOGY」のスタンプが。

d0108969_11054383.jpg

ところが、このインクは水溶性だったためか乾いておらず、聴く時にプレーヤーでぐるぐる回ると、インクが飛び散るわけで。
この状態が、森くん曰く
「(アメリカのヘビメタバンドの)メタリカ(Metallica)のロゴみたい」
だと。
こんなふうに失敗してしまった3枚のCDには、お詫びにサインしたそうな。

で、私もウチで回したら、しっかり「メタリ化」したんですよ!
なんかイイ感じでしょ。
インクが赤いのがポイントですよね♪
プレーヤーの遠心力がよくわかりますよね(笑)。

d0108969_11060664.jpg

Funk Redemption』から、肇ちゃん登場!
相変わらず、アグレッシブなヘアー(^^;
森くんにも
「河内くん相変わらずだねぇ」
なんて突っ込まれていて(^^;

この前、新幹線移動中の肇ちゃんがツイッターにアップされていましたが、やっぱりステージと同じようなヘアーで、なんだかスーパーサイヤ人のようでございました(笑)。
こうなると、肇ちゃんの寝起きの頭も気になりますねぇ(^^;


(その3につづく)

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21742328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-04-27 11:04 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)