小玉哲也編:UTA 森広隆×藤岡正明×片山遼+小玉哲也@渋谷 LOOP ANNEX

今回のオープニングアクトの小玉さん。
なかなか面白い方でした!


<セットリスト>
※小玉哲也さんのツイッターより
1. ヘイビリーブミー
2. monster
3. Mr.Blamen
4. 青いベンチ



特徴的だったのは、彼が弾くギターのリフ。
ギターの弾き語りのはずなのに、ベースのようなリフで歌っていらっしゃいました。
ここで私は、ふと思いました。

・・・・・そういえば、ベースで弾き語ってるアーティストって、見かけないなあ。

ギター侍がいた!と、一瞬ひらめきましたが、波田陽区もベースのようなリフってだけで、弾いているのはやっぱりギターですね(^^;

ベースがギターより地味なイメージだから!?
ベースのプレイヤーがフロントに出たがらないから!??

ギター弾きはゴマンといるんだから、ベース弾き語りのアーティストがいれば、絶対目立つと思うのですけどね。

Mr.Blamen』は、お客さんとのコール&レスポンスの曲。
ただ、どうやってレスすればイイのか、事前に説明がなかったので一瞬、焦りました(^^;
今度は是非、ちゃんと上手に参加できればと思います。

MCで、森くんとは、楽屋でマイケル・ジャクソンをギターで弾いていたと言っていましたね♪

次の曲は、今回私が気に入った2曲目の『monster』。
サビから4ビートになって、エンディングに向かってどんどんギターも歌も盛り上がっていって、小玉さんのパッションとテクニック全部をブツけてるぞ!みたいな曲です。

めっちゃクール!!


[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21757833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-05-03 12:13 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)