森広隆ライブ過去日記:in the groove part2@表参道FAB 2002/5/24

森広隆のライブに行き始めてから付けていた、過去のライブ日記をアップしています。


<セットリスト>
Bunさんの「Rainy day」のライブレポートより
1 エレンディラ
2 黒い実
3 Trash
4 ショートケーキ
5 ただ時が経っただけで
6 ゼロ地点
7 Pebama
<アンコール>
8 Fuzz Master


<当時のメモ>
対バンで一緒だった増田太郎さん。
手探りでギターを準備しているのを見て、「ああ、この人、目が見えないんだ」と思った。
新曲「ショートケーキ」はリズムがかっこいい!
深い歌詞が好きな私だけど、この曲の歌詞は好き。



「ショートケーキ」は、この時、初めてやったのかな?
最近はライブであまりかかりませんが、カッコ良い曲なので、たまには聴きたいです♪
間奏の紺ちゃんのベースがイイんですよね!
でも、CD版の間奏とはちょっと違うので、ライブで是非!

強力な個性が無い限り、10年前の対バン相手となると、なかなか思い出せないものですが、増田さんのことは覚えています。
どんなにイイ曲を作っても、まず、人に「知ってもらう」、さらに「覚えてもらう」ということだけで、大変な努力が要るってことを、最近、痛感します。
ネットで曲を無料で配信しても、出会えずに埋もれている曲が、なんてたくさんあるんでしょう。
お金を使うことはおろか、曲を聴くために「時間を使う」人を見つけるのは、本当に大変です!

最近の対バンでは、アピールが控え目なアーティストがいるけど、せっかくの機会なのにもったいない!
お客さんに覚えてもらってナンボなのに。
歌も演奏もトークも上手い、キャラも立っててルックスも良いのに、売れていないアーティストは、ゴマンといます(^^;
特に、CDが売れない風潮の昨今、「音楽で食べていく」厳しさは、10年前よりずっと強いでしょう(爆)。

あと、「お金を稼ぐ」ことに抵抗があるアーティストもいるみたいだけど、稼げた方がいいと思います。
お金と人気があって、他で仕事をせずに済めば、音楽活動に集中できるし、曲のクオリティも高められるし、周囲のアーティスト仲間を助けることだってできます。

「魂を売ってでも有名になる」って動機でも全然イイって思ってます(笑)。
最近の音楽業界の悪魔は、セチ辛くて、魂売るよって言っても、なかなか買ってくれないでしょうから。

話はズレましたが、とにかく、ステージに立つからには、自分のためにもお客さんのためにも、爪痕を残して欲しいと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21880876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-06-16 13:31 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)