「聖地巡礼 ライジング 熊野紀行」 内田樹×釈徹宗 東京書籍

聖地巡礼Beginning」に続く、内田先生&釈先生による聖地巡礼紀行です。
私、今までに二度、熊野に行こうとして、結局、行けてないんです。
一度目は、具合が悪くなって、二度目は、強風で南紀白浜空港に着陸できなかったという(笑)。
なので、この本を読んで、本当に羨ましいし、早く行きたいと思いました(^^;

聖地巡礼ライジング: 熊野紀行

内田 樹 / 東京書籍


縄文時代に日本列島に住んでいた人は、弥生時代に渡って来た大陸人によって、沖縄や北海道に追いやられたと言われていますが、熊野のあたりにも、追いやられたと言います。
内田先生は「熊野バリ島説」を唱えていらっしゃいます(笑)。
なのでかは分かりませんが、熊野のあたりは、近世まで水葬していたんだそうです。
舟で西方浄土へ向かう「補陀落信仰」ができたのも頷けます。
文化が違う感じ(^^;

平安時代末期、熊野詣が盛んでした。
和泉式部が熊野を訪れた際、月の障りに当たってしまい、お参りができないと嘆いていたら、夢に熊野の神様が出てきて「気にしなくてイイよ」と告げたとか。
熊野の神様はおおらかなのでしょうか(^^;

熊野詣といえば、後白河法皇。
生涯、数十回も熊野に行き、何日も籠る修業もしたんだとか。

後白河法皇は、和歌全盛期に今様にハマッたりして、私の中では「ロックな天皇」のイメージだったんですけど(笑)、熊野というスピリチュアルなパワースポットにハマッていたということで、「後白河法皇ヒッピー説」を、私は唱えたいと思います(笑)。

熊野は、パワースポットで有名ですが、内田先生は「ここはエネルギーがイイ」とか、言うことが、どんどんスピリチュアルになっていくので面白いです(笑)。
内田先生が良い場所だ!と盛んに言っていた、元々、本宮があったという大斎原にも行ってみたいですね♪

今度は、長崎のキリシタン文化を訪ねるらしい。
日本では、古くから神道と仏教が「習合」し、キリスト教とも、クリスマスや結婚式などを通して「習合」しつつあります。
今後は、イスラム教とも「習合」していくだろうと、内田先生。
どうなりますことやら・・・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21885636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-06-24 12:46 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)