EPOCH MAN「みんなの宅配便」 小沢道成×川本ナオト@明大前KID AILACK HALL

私は、ミッチーの脚本が好き♪
今回は、とても良かったです。
ミッチーは、女子の孤独を描くのが好きね(笑)。

オープニングの不穏な雰囲気と。
笑わせながら深みに突入していくストーリー展開と。
最後、どうなっちゃうんだろうというハラハラ感と。
でも、ちゃんとハッピーエンドで。

いろいろ詰め込まれているけど、押す所は押して、引く部分は引いて、バランスが良かった!

小道具の使い方には、毎度、感心するけど、今回も、メタファーで笑いを取ってて。
本当にスゴいアイデアだと思う。

今回は、伏線を全部、セリフで説明しないで、行動で示していたことが印象的。
宅配人を待っている時、ヒマそうにしているとか。
トマトジュースを何気なく段ボールに詰めるとか。

なんかいろいろゾッとするんだよね(^^;
かなりの高等テクニック!

ミッチーの女性役を観るのは、何度目かしらね(笑)。
ミッチーの女性を見ていると、男性より女性の方が、感情や行動が多面的なのかもしれないって思ったのね。
ただ、宅配人役の川本さんの方が指がキレイ(^^;

とにかく、計算され尽くしているけど、決してあざとくはない、濃密な65分。
今は忙しくて観劇は自粛傾向だけど、これだけは観て良かった!
ステキな時間をありがとう♪

本当は、ミッチーの宅配人バージョンも観たかったけどね(^^;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/21952709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-07-16 12:41 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)