その2:mellow tones Vol.24 森広隆×宮川剛@代官山 Chambre

森くんがツイッターで
「アルバムのことや近況いろいろ話しちゃいますYO!」
と予告した通り、いっぱい話してくれました!

今回のベースは、種子田健さん。
種子田さんは「CYCLONE」のレコーディングにも参加されているので、お久しぶりの参加です。

森君が、ドラマーの村石雅行さんと、スキマスイッチの大橋卓弥さんと飲んでいた時、種子田さんもいたそうで。
そして、スキマスイッチやさかいゆうさんのライブに行ったら種子田さんがサポートしていて・・・・・というように、ちょくちょく遭遇するので、レコーディングで弾いてもらいたいと森くんが頼んだところ、全曲やってくれることになったそうな。

あと、今回、プロデューサーに初めてついてもらったとのこと。
プロデューサーは、中村タイチさんです。
いきものがかりやDEPAPEPEのプロデュースもしています。

森くんは、基本はセルフプロデュースで、逆に、プロデュースしたことはあってもされたことはなかったんですね(^^;

中村さんと話をして、この人は本当に音楽が好きだとわかって、プロデュースをお願いしたんだそうです。
たぶん、儲けとかマーケティングとかではなく、良い音楽を作るということを一番に考えている人だと、森くんが信頼できると思ったのではないでしょうか。

今回、中村さんと組んで、いろいろ勉強になったと言っていました。
喉のお手入れのような基本的なことから、森くんの楽曲が客観的にどう見えるか、ということなどなど。

森くん、ずいぶん姿勢が変化したと思います。

昔は、自分のやり方を通すことに頑なだったそうです。
影響を受けたくなくて、新しい音楽を聴くことさえ拒否していたこともあったとか。

でも、今は、いろんな人の意見を受け入れて、良い物を作ろうとしていて。
自分が変わることに対する恐怖があったけど、自分の根本はそうそう変わらないものだって、わかったからだと思います。

アルバムには、その他、ドラムの佐野康夫さん、キーボードの河内肇さんも参加されているそうです。

それから、アルバムタイトルについて。
アルバムタイトルは当初
Message from Dystopia
だったのですが(10/25のワンマンライブのタイトルです)、最終的に
A Day in Dystopia
になったとのこと。

これは、「メッセージ」の言葉のニュアンスが、「上から」のような感じがして避けたそうな。

でも、私のイメージは逆でした。
「Dystopia」って、「地獄郷」という意味なので、「地の底からの叫び」のように捉えていたのですけどね(^^;


(つづく)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/22328077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-10-15 17:42 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)